2014年09月30日

『協力と罰の生物学』



意外や意外,本書は経済学を学ぶ人にとっても必読書になるんじゃないかと思われる本です。

本書の主張は,生物の世界にも協力があり,協力しないというフリーライダーも存在するが,フリーライダーを許さないために罰という制度がある,というものです。

私たち人間の世界も,自分勝手に見えながらも協力して秩序を作って社会を構成しています。お互い協力する方がいい結果が得られるためです。

でも人間社会独自のものとして,市場メカニズムがあります。市場は人々が協力を意識しなくても,価格を参考に自分勝手な行動をしてもみんながハッピーになるとしています。これがパレート最適です。

しかし,このような市場メカニズムが成り立つためには,所有権がはっきりしている,情報が行き渡っている,外部性が存在しないなどのハードな条件をクリアしないといけません。

現実にはそのような条件がないので,実際の社会でパレート最適になることはなく,ほとんどが微妙なナッシュ均衡的なものになってしまいます。中国で食品安全の問題が起きるのも,企業家が自分の利益のみを考える(合理的な行動の)結果,市場には安全ではない食品が出回る(誰もが得しない結果)といった状態です。

このような状態をパレート最適に近づける,いわゆる協力的に行動させるためには罰が必要です。ですから中国でも食品安全法に違反した企業を罰するようになっています。

本書は生物の世界でも協力が成り立つためにいろいろな工夫がされていること,そして人間社会も行動経済学の実験結果などを引きながら,協力に向かう社会システムの設計が行われていることがわかります。

posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

科研費申請の季節がやってきます。

さて,科研費申請の季節がやってきました。同業者の方々もそろそろソワソワしてくる頃かと思います。

先日,学内の科研費申請の説明会が開催され,私も「科研費申請のコツ〜基盤研究(C)の経験から」と題してお話をさせていただきました。

IMG_4591.JPG

幸い,これまで研究代表者として2回連続で申請,採択になっていることから,私が気をつけている書き方について紹介させていただきました。

科研費の第一段階審査(書面審査)では,以下の審査項目に対して,書く際に意識しているところ(☆印部分)を話しさせていただきました。

@研究課題の学術的重要性・妥当性
   ☆何を明らかにするのか。

A研究計画・方法の妥当性
   ☆どのように到達するのか

B研究課題の独創性及び革新性
   ☆自らの強みや応用可能性はどこか

C研究課題の波及効果及び普遍性
   ☆得られる結果と意義は何か

D研究遂行能力及び研究環境の適切性
   ☆どのような準備ができているのか

具体的に,私が申請書を作成しているときに,気をつけているのは以下の3点です。

(1)到達点を示す。
数年間の研究の結果,何がわかるのか,どのような状態になっているかを書くようにしています。例えば,「産業連関モデルを構築し,経済開発の波及効果を測定する」とすると,研究計画を考えるときに,どのようにモデルを作っていくか,波及効果測定のための前提にどのようなことを調べなければならないか,を意識することができます。到達点があると,計画が書きやすくなります。

(2)独創性を他の研究から位置づける
独創性のところで,「他に研究している例はない」とかは書かないようにしています。なぜかというと,@誰もやらないなら需要がない,A自己満足と思われる可能性がある,B他の分野への学術的貢献はないと誤解される恐れがある,からです。あくまで先行研究や過去の研究との対比において独創性を出すようにしています。

誰もやっていないから独創性があるのではなく,あくまで「巨人の肩の上に立つ」という謙虚さで,自分のオリジナリティを強調したいものです。

(3)成果の広がり,インパクトを考える
科研費が税金から支出されている以上,自らの研究が社会にフィードバックすることが必要です。私は中国経済が専門ですが,中国経済の研究成果が日本の何に役立つのかを考えています。地域開発のインパクトであれば,日本の地域再生に共通点はないのか,などを意識しています。

そして,ここが一番重要ですが,調書の一番最初の研究概要はわかりやすい文章で3行でまとめるよう気をつけています。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

日本におけるTOEICの位置づけ

TOEICを調べてみると日本ではずいぶんとメジャーな英語試験になっていることがわかりました。

(1)増加する人数

TOEICの受験者数って250万人超えています。英検が230万人ぐらいなので2012年からすでに英検を超えて日本最大の英語試験に成長しています。

正確には,一般のTOEICは236万人,TOEIC-SW,TOEIC-Bridge等を合わせて258万人(2013年度)になっています。リスニングとリーディングというInput手段としての英語能力を図るだけですが,受験料が安いこと,受験機会が多いこと,点数で実力が図れること,勉強がしやすいこと,内容がビジネスの現場で使われそうな英語に特化していること,など等の理由からメジャーな試験に成長しています。

とくに2011年から急速に受験者数が増加しました。2010年は楽天が社内公用語として英語を用いることを宣言した年です。多くの会社で英語が重要視されるようになり,また英語運用能力を図る手段としてTOEICを用いるようになったのがきっかけかもしれません。

TOEIC受験者数.jpg

(2)企業への影響

実際に,ETS(Educational Testing Service,TOEICテストの作成機関)が実施した日本の上場企業におけるTOEIC活用試験の結果をみてみると,その使いやすさから急速に普及しています。

上場企業の約75%が英語を使用する環境があり,企業としてもグローバル人材育成のため8割の企業が英語研修を実施しているようです。

海外出張者や海外赴任者の選抜には約3割の企業がTOEICを利用しているようで,その点数としては675から695が1つの基準になっています。国際部門での業務としては約7割の企業がTOEICの点数として700点以上のスコアを期待しているようです。

約6割の企業でTOEICの結果を利用しているようです。企業規模が大きいほどその傾向が強く,従業員数5000人以上になるとその比率は8割を越えます。

新卒採用でも約7割の企業がTOEICの点数を参考にしているようです。(でもこれは企業が就職活動する学生にTOEIC必須としている意味ではない。)


(3)大学教育への影響

大学教育でもTOEICは利用されてきています。やはり勉強の成果がスコアであらわれるので学校現場でも利用しやすいです。

本学でも,外国語学部英語学科,国際関係学部ではTOEICのスコアアップで単位が認定されています。

ETSの調査によれば,調査対象の751大学のうち,入学試験に利用している大学数は336校,単位認定に利用している大学数は360校になっています。約半数近い大学がTOEICを何かしら利用しています。

企業で利用されることが増えれば,大学としても無視することはできません。グローバル人材育成という文科省の方針も考え合わせると何かしらの英語教育充実が必要になってきます。この意味でTOEICは大学という教育現場でも利用されていくことになるでしょう。


(4)TOEICテストの問題点と今後

企業や大学がTOEICに「侵食」されてくると,TOEIC批判も多くなってきます。

リスニングとリーディングに偏っているので,実践的ではないとか,世界の受験者700万人のうち日本と韓国で500万人を超えるという非常に偏った試験,とかです。

批判はその通りですが,私は以下の理由から積極的にTOEICの存在を認めています。

1)インプットが大事
英語を使えるようにするには,アウトプットの前にインプットが必要です。話す書くのはもちろん必要ですが,聞く読むができてはじめて可能になるものです。TOEIC900点あるけど,しゃべれないというのはありうるとしても,900点取れるだけのインプットある人が海外赴任や海外出張の経験を増やせばすぐに話せるようになると思います。

2)成果が目に見える
英語にかぎらず語学の勉強は継続が大事です。TOEICはスコアという形で結果が目に見えますし,勉強すれば確実にスコアが伸びる試験なので,勉強を続ける動機付けになるでしょう(応用行動分析でいう強化子になっている)。

3)実務に役立つ英語
TOEICの出題範囲は,ビジネス英語です。シチュエーションも海外で仕事すれば体験する可能性の多いものなので,実用的だと思います。

4)受験料が最も安い
TOEFLや英検などに比べて受験料が安いです。私としてはここを最も強調したいです(笑)英語の勉強成果を確認するにはもっとも利用しやすい値段だといえるでしょう。それでも5000円強というのは学生にとって安くないので,英語勉強の継続のためには公開試験ではなく学校や企業など団体で行われるTOEIC-IPで十分だと思います。

TOEICの課題はスピーキングとライティングの能力を図るTOEIC-SWがどこまで普及するかでしょう。企業は英語4能力(リスニング,リーディング,スピーキング,ライティング)の中でスピーキングをもっとも重要視しているにもかかわらず,TOEIC-SWを評価の対象として利用している企業は非常に少ないようです。TOEIC-SWがマイナーだから企業が利用しないのか,企業が利用しないからTOEIC-SWがマイナーなのかわかりませんが,話す,書くという能力を計測するという意味では英検も捨てがたい試験かもしれません。


<参考>
ETS(2013)「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書
http://www.toeic.or.jp/library/toeic_data/toeic/pdf/data/katsuyo_2013.pdf
ETS(2013)「TOEICテスト 入学試験・単位認定における活用状況 -大学・短期大学・高等専門学校-」
http://www.toeic.or.jp/toeic/about/data/search.html
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

アリババ(阿里巴巴)とは?

今週,中国で注目されているIT企業アリババがニューヨーク市場で新規株式公開(IPO)を行います。(新聞報道によればAmazonよりも時価総額が大きいとか。ちなみに現在ソフトバンク,アメリカYahoo!が大株主です。)

先週,抗州でアリババを訪問してきたので,簡単にアリババについての情報を整理・紹介しておきたいと思います。

写真 (15).JPG
(濱江園区:建物のデザイナーは北京オリンピックのメインスタジアム・鳥の巣の人と一緒らしい。)

アリババは中国で最も成長の速く,シェアトップのEコマース企業です。もともとはB2Bのプラットフォームから業務を展開し,今では陶宝や天猫というB2CやC2Cプラットフォームで最も有名な企業です。Eコマースだけではなく,電子決済の支付宝(アリペイ)やお金の運用を行う余額宝を運営しています。

企業は抗州にありますが,現在は業務をEコマース(B2B)とその技術支援を濱江園区で行い,天猫や陶宝などB2Cプラットフォームや物流を統括する西渓園区,支付宝や余額宝などの金融を扱う西渓谷園区の三つの集団に分かれています。すべてが本社扱いのようですが,企業創始者であるジャック・マーは西渓園区にいるようです。

アリババは1999年に18人の仲間で始まったIT企業です。当初はB2Bのプラットフォームを提供する業務でしたが,赤字が続いていました。アリババが大きく成長するのが陶宝(B2C)です。2003年のSARSをきっかけに外に買い物に出かけることが減った人たちから絶大な支持を受け,ネットで買い物をすることが普遍的になり,業務が拡大していきました。2007年には香港に上場し,現在ニューヨーク市場でのIPOを待っている段階にまで発展してきました。

現在の業務の中心は,商業,金融,物流です。商業ではB2Bプラットフォームを中心にアメリカ,イギリス,インドが上位3位の取引先になっています。物流では,物流企業と協力し物流コスト低下と効率の向上を目指して,アリババが持つ取引情報を物流企業に提供しています。2020年には中国全土を24時間で配達可能にすることを目指しています。金融では,中小企業向け少額貸出を行なっているのが特徴です。アリババの信用を利用して銀行から資金を調達,あるいは陶宝を利用する消費者などがアリババに預けている資金(余額宝)などを利用して,企業に貸し出すモデルです。中小企業には連帯責任者を求めていましたが,現在はB2Bプラットフォームでの利用を信用情報として貸出を行なっているようです。

やっぱり注目すべきは金融への進出でしょう。中国では四大国有銀行の寡占状態であり,その間隙をついて発展空間を中小企業金融に見出しています。その上余額宝を利用している消費者は銀行よりも高い金利を受け取ることが可能になっていますので,ネットを通じた金融仲介業を行っています。銀行監督委員会から目をつけられたこともありましたが,純粋な民間企業としてのアリババが国有企業が主要なフィールドである金融業にどこまで食い込めるか,国有企業改革とともに注目しておきたい存在です。

さすがIT産業だけあって,自由な雰囲気でした。フレックスタイム制を採用しており,自分のデスク以外でも自由に仕事ができるようです。

写真 1 (1).JPG
(スーパー)
写真 5.JPG
(図書館)
写真 3.JPG
(食堂)
写真 4.JPG
(ジム)
写真 2 (1).JPG
(スタバ)
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡本式中国経済論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

2ヶ月ガチで勉強してTOEIC(第192回7月27日)を受験した結果www

toeic910.jpg

・・・900点を突破できました。


(1)きっかけ

TOEICをガチで勉強してみようと思ったきっかけは,校務で他大学のグローバル人材育成支援事業の状況を調べている時でした。多くの大学が野心的な数値目標をかかげ,英語教育に力をいれていました。例えば,杏林大学は日中英の3カ国語を中心とし,英語の到達目標をTOEIC800に設定していますし,神田外語大学は留学組はTOEFL600,そうでない人でもTOEIC700を目標に掲げています。創価大学ではTOEIC730取った学生数をネットで配信しています。

2009年に受けたTOEICでは785点でした(ここ)。つまり学生が目指すレベルと私の英語レベルはそう変わらないわけで,これから大学のグローバル化やらなんやら言われるようになると,英語を勉強している学生から「先生,TOEIC何点ですか?」と聞かれたら,「・・・・785点」と答えるのは微妙だなと思ったわけです。

また学生にもTOEICの勉強の仕方が体験からアドバイスできれば,それもよかろうと思ったので,5月末にTOEIC900点を目指してみようと思いました。900点に設定したのは,英語学科の先生から895以上は英語ができるといえるぎりぎりの水準だろうということで,キリのいいところで900にしたわけです。

(2)得たもの

今回TOEICをガチで2ヶ月勉強してみて得たことは

時制,とくに現在形と現在進行形に敏感になった。(Part 1)
曖昧だった疑問文に対する応答の仕方がわかった。(Part 2)
勘違いしていた文法を復習できた。(Part 5,6)
うろ覚えだったよく見る単語(definitiveとかいろいろ)が身についたし,メールの書き方は参考になった。

です。もう一つは

TOEICにはまりそうになった(笑)

という点です。TOEICは自分の実力が点数になるので目に見えてわかりやすいこと,世界観が独特であること(しょっちゅうワークショップやってるとか,飛行機や電車は遅れるとか,企業は大体M&Aになっているなど),が魅力かもしれません。とくに世界観は,試験時に今日はどんな世界をみせてくれるんだろう,とわくわくすること間違いなしです。

受験後,感覚として900点前後かな〜と思っていたので,第193回のTOEIC(9月28日)も申し込んでしまいました。まぐれでないことを確認するために,もう一度受けておこうと思います。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

2014年8月読書ノート

2014年8月読書ノート

経済学者としては,大塚先生の以下の本は学生にオススメしたい一冊。



でも,TOEICを久しぶりに受験した私として今回印象に残ったのはこれ。



これは,TOEICの出題でよく題材になるシチュエーションを異次元サスペンスっぽく仕上げています。TOEIC問題では,飛行機が遅れるアナウンス,従業員の能力アップのためのワークショップ(研修会)などがシチュエーションとしてよく出ます。このシチュエーションを利用してTOEIC世界を物語にしているのですが,それが非常に面白いです。TOEICを受験したことのない人でもTOEICという試験は面白そうと思うでしょうし,TOEIC受験者にとってはTOEIC頻出問題のシチュエーションも理解できます。TOEICファンとしては,これ「あるある〜」と楽しめることは間違いないでしょう。


<経済学>

大塚啓二郎(2014)『なぜ貧しい国はなくならないのか 正しい開発戦略を考える』日経新聞出版社 開発経済学は「貧しい開発途上国の貧困削減に貢献する戦略を研究する学問分野」である。工業化戦略の成功が工業化都市化をもたらし、農業発展戦略の成功が農業発展をもたらす。両者とも目標は貧困削減。

<中国>

胡鞍鋼(丹藤佳紀)(2014)『中国集団指導制―チャイナ・セブンを生んだ独自の人材発掘、育成システム』科学出版社東京 中国の集団指導体制は、国家運営の分担協働制、後継者の交代チーム制、シンクタンクからの集団学習制、視察を行う調査研究制から成り立つ。

田島英一(2000)『「中国人」という生き方』集英社新書 実益優先、極端を嫌う性格は経済特区を産み、社会主義市場経済や一国二制度を生む。政治観念は現政権との絶妙なバランスをつくる。不公平なこと、道理の通らないことには声を荒げ人前でも喧嘩し、謝罪はしない。

春名徹(2008)『北京-都市の記憶』岩波新書 城壁に囲まれた都市はモンゴルや様々な民族を飲み込み、元の時代にその原型ができた。消費や欲望、憧れが集まる王府井、伝統中国と現代中国が接する天安門、都市の中で存在感を示す故宮、古い北京を胡同から。

榎本泰子(2009)『上海 - 多国籍都市の百年 (中公新書)』中公新書 1845年に英租界ができ、米仏が続いた。英米仏の軍隊に守られた上海は租界地中心に世界有数の国際都市に。英は自由都市の基礎を作りロシア革命から逃れたロシア人は仏租界の住人になり、日本人は国力増強の一歩として上海に進出。国別の上海発展史。

鈴木譲二(2008)『世界の中国人ジョーク集』中公新書ラクレ 万博のマナーブックには鼻毛を短く切ることまで書かれ世界が中国人観光客を必要とするが店や品物を信用せず値切りする、生まれ変われるなら2度と中国人に生まれたくない、など。

高橋五郎(2014)『日中食品汚染 (文春新書)』文春新書 原材料の見えないエキスのような加工物が増え食品のモジュール化が進む。モジュール化した食品が日中間で貿易されると汚染や安全が見えにくい。保存性の強化、付加価値向上という経済的動機の結果であり汚染させようという業者が多いわけではない。

<その他>

越智敏之(2014)『魚で始まる世界史』平凡社新書 中世のキリスト教社会では断食日に魚だけが食べられた。巨大な経済需要を支えるために漁業や輸送システムが発達、主役はニシンとタラ。オランダの発展はニシンの回遊コースの変更、大航海時代の北アメリカ植民地ではタラが重要な存在。

岡田尊司(2012)『マインド・コントロール』文藝春秋 つながりと自分の価値に対する欲求が強いと依存を求める。マインド・コントロールにはまりやすい人は依存症の人が多い。脱出するには本来あるべきつながりを回復し、その人の自己価値をもっと健全な形で取り戻す必要がある。

中島健二(2006)『家族のための<認知症>入門 (PHP新書)<認知症>入門 (PHP新書)』PHP新書 認知症の人には自尊心を損なわないよう否定をせず受け流す。物忘れと判断力、気分や行動の変化、MRTなどで診断、薬物治療も進む。家庭での介護が難しくなれば施設も考慮に。気持ちの余裕を訪問などで温もりの家族を維持して欲しい。

橘木俊詔・迫田さやか(2013)『夫婦格差社会』中公新書 夫の所得にかかわらず妻の有職率は上昇、高学歴夫婦は高所得の傾向があり、男性が結婚できるかどうかの境目は年収300万円、都市規模によって婚姻率に差異、など。

橘木俊詔(2014)『公立VS私立 (ベスト新書)』ベスト新書 平等な教育機会のために公立が創設、公立校が私立校に対して優位。私学助成と所得の増加により私学が発展。私学間の格差は公立より大きい。

平尾敏郎(2013)『教育で「未来」をひらけ-創価大の果敢な挑戦ドキュメント』毎日新聞社 12年連続で200人以上の教職合格者を輩出、通教出身が半分を占める。留学体験を教育に役立てようとする学生、挑戦する教職大学院、辺鄙な島や大変な工業高校に赴任して挑戦する卒業生、など。

ヒロ前田・清涼院流水(2013)『不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる(DL特典付)』アルク TOEICの問題からTOEIC世界を物語りで再現。インド人グプタはこの国は繰り返されていることに気づく。飛行機は遅れ、クレーム処理はクーポンで解決し、道路は工事で渋滞し、図書館はいつも改修中だ。

関谷英里子(2009)『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳』ディスカヴァー・トゥエンティワン 言葉(単語)遣いが変わるだけで説得力が変わる。sayよりもclarify、doよりもexecute、tryよりもimplement、など。

関谷英里子(2010)『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳+70』ディスカヴァー・トゥエンティワン 単語を変えるだけでより自然になる。メリットはadvantage、具体的にはspecific、取り入れるはincorporate、など。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする