2015年01月27日

「ググれカス」と「だから何?(So What?)」


私たちの欲しい情報はほとんどインターネットから得ることが可能です。分からないことがあればグーグル「先生」に聞けばほとんど教えてくれます。グーグルの検索機能は私たちの検索履歴からもっとも合うものと思われるものを上位に表示しますので,検索結果の中から最初の1ページ目か2ページ目で大体は手に入ります。グーグルは「世界の情報を整理する」という野望を成し遂げようとしているようです。(実際便利ですし。)

2chのスレでは,わからないことをスレで聞いたりすると,まず間違いなく

「ググれカス」

というとても暖かい(笑)アドバイスをもらうことができます。私たちはわからないことは人に聞くのではなく,グーグルに聞けば欲しい情報が得られるということを,多くの人が認識しています。

授業でも,あまりにも常識的なこと,中国の首都はどこですか,みたいなことを聞かれたら,笑顔で「ググれカス」と答えたいくらいです。それぐらい今は基本的な知識はネットから得られる時代です。

したがって,「これどうなっているんだろう?」とか「これは何かな?」という知識欲はまずネットで満たすことが可能です。

さて,話は変わって,学会で報告や院生の報告などを聞くと,「だから何?」というような報告がされることがあります。中国の生態移民はこうなっています!とか農村はこんな感じです!みたいな報告は,それに興味をもっていれば,報告を聞くことによって自分の知識欲を満たすことができますので,満足はあります。でも興味はたいしてないけどどうなんだろう的な気持ちで聞くと,なるほど,そうなっているのね,とはなります。

でもそのあとこう思います。「だから何?」

現在,知りたいことは良くも悪くもネットでわかります。便利な時代になっています。となると高等教育で教員が知識を供与するという役割は減ってきています。教員が中国に行ってきて一生懸命調べてきた中国の現在の状況を授業で話ししても学生にとっては,へ〜というような情報番組をみてちょっと賢くなったという感じを持つか,ちょっとできる学生だったら,やっぱり「だから何?」という疑問を持つでしょう。それぐらいだったらググればわかるんじゃね?と思う可能性さえあります。

インターネットで情報が簡単に手に入る時代です。となると教育も研究もいい問題意識,なぜこうなんだろう,どうしてこうなったんだろう,といった問いと,それに伴う自分なりの解釈(仮説)を持つということが重要になってきます。人は知って満足するのではなく,その解釈やフレームワークを手に入れたときに「わかった」「理解した」感覚を持ちます。

昔から学問では「なぜ」という問いを大切にしてきました。情報が簡単に手に入るだけに,知識欲だけではなく,なぜという疑問と自分なりの答えを常にもって,それを検証するために「ググる」というようなネットの使い方が,必要になってくるように思います。

情報化社会はより一層,いい問いを持つことが問われているように思われます。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

ニコラス・カー『クラウド化する世界』

ずいぶん前に読んだのですが,カーのクラウド化する世界



おもしろかったです。もっと早くに読んでおけばよかったと思う本でした。インターネットの変化ははげしいのですが,本書は現在でも参考になります。

本書の主張は,情報技術は電力と同じようにコンセントに繋げば様々な用途に使えるようになった。自社でコンピューターやシステムを持つ必要はなくなった。これからはユーティリティーコンピューティングの時代である,というものです。

クラウドは,超分散と超集中の両方の特徴を持ちます(小池2012)。データはすべてデータセンターに集まり,パソコンはただの端末になっていく一方,端末自体はモバイルも含めて多様化していっています。

私たちの生活はインターネットによって,大きく変化しました。物理的な空間で行われていた日常のやりとり、銀行、オフィス、学校、店、図書館、劇場、遊び場などで起きていた活動がいまや仮想空間でより効率的に行うようになってきています。実際,私もパソコンさえあれば,上記の活動はほとんどできています。銀行窓口にいかなくてもネットでほとんどのことができますし,今や英会話もスカイプで行なわれ,ハーバードの授業がネットで視聴できます。楽天やAmazonで買い物をして,iTunesで本や映画をレンタルします。今やゲームセンターにいかなくても友達とゲームができます。

インターネットはクラウド化しています。そこから必要な道具を見つけてくれば自分でできます。Googleを使えば、文書も計算も絵描きも発表資料も作れます。ホームページを作る技術がなくてもブログのプラットフォームを借りれば自分の情報を発信できるしカウンターが必要であればネットから借りてくればいいです。パソコンもソフトもいらなくなっており,必要なのはウェブブラウザだけになっています。

私たちはインターネットに依存にしています。知らない情報はもちろんのこと知っていること、過去のことまでも調べています。ネット上の情報が私たちの経験や記憶に取って代ってきています。

Googleの検索エンジンは各個人が検索した履歴にそって最も的確だという情報を示しています。私たちが見ている情報は人が見ているものとは違っているのです。SNSのニュースフィードやタイムラインと同じように個別化されているが現状です。

インターネットは人から情報を与えられそれに従っていましたが,私たちはインターネットから情報を与えられそれに従って判断し行動しているようになっています。

これからクラウド化するインターネットと上手につきあっていかないといけないのかもしれません。

<参考文献>
小池良次(2012)『クラウドの未来-超集中と超分散の世界』講談社現代新書
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

『東亜』COMPASSでの連載。第5回目

霞山会の月刊誌『東亜』1月号から,3ヶ月に1回のペースで時評を担当しています。 第5回は 「都市の中の村を再開発する−北京の「城中村」改造」 です。 リードより。

【リード】
北京では都市開発で取り残された村,「城中村」の都市化改造が進んでいる。基本は日本の都市再開発法と同じ方式をとるが,都市農村の制度が分断されているために,集団所有資産,農民の就業問題,社会保障問題の解決が必要となっている。

posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

2014年12月読書ノート

新年あけましておめでとうございます。

今年最初のエントリは,先月の読書ノートから。

今月の紹介本はたまたま図書館で見つけた以下の本です。



異文化交流がどのように学問されるのかということもわかりましたし、良く使われる多文化共生について考えるきっかけとなりました。

<自己啓発>

松島修(2010)『聖書に隠された成功法則』サンマーク出版 人間は最初から最高のステータスを持つ。自己実現ではなく神が与えている目的に向かって進むこと、本来のステータスを回復する。

<社会>

石井敏ほか(2013)『はじめての異文化コミュニケーション-多文化共生と平和構築に向けて』有斐閣選書 異文化感受性発達モデルでは否定→防衛→矮小化→受容→適応→統合となる。異文化の障壁はステレオタイプの認識,偏見,差別,心理的な自己優位性にもとづく。

リチャード・ムラー(二階堂行彦)(2014)『エネルギー問題入門―カリフォルニア大学バークレー校特別講義』楽工社 エネルギー問題の原則はエネルギー安全保障と温暖化対策のバランスである。代替エネルギーとして期待されるのは天然ガス、シェールオイル。先進国の温室効果ガス削減は進むが,中国など途上国の削減が課題。

三木義一(2012)『日本の税金 新版 (岩波新書)』岩波新書 個人や法人の所得税、消費税、相続税、酒税などの間接税、固定資産税や都市計画税などの地方税の根本的問題の解決がなされずに毎年改定されている。人や法人の移動により一国課税主義は限界。

田中秀明(2013)『日本の財政 (中公新書)』中公新書 予算編成は共有資源問題。日本は編成に関与するプレーヤーが多く財政規律が働かない。財政法は補正予算が予定されており規律がない。中期財政フレームに基づき各省庁が予算見積もりと執行を責任持つようにする。政府内閣に権限を委譲するシステムが必要。

駒村康平(2014)『日本の年金 (岩波新書)』岩波新書 年金制度の課題は、少子高齢化社会での年金財政持続安定性、非正規労働者増加による未納者数の増加、低所得高齢者への生活保障、である。見直しがあるのは,年金制度が問題というより、その健全な持続のためである。

船瀬俊介(2013)『日本の真相』成甲書房 偽りの栄養学で食品は危険、化学肥料漬けの農産品、電磁波、輸血の問題、コンクリートや化学建材が健康と景観を破壊、都市は世界で一番アブナイなど、マスコミが報じない問題を。

<その他>

小林雅一(2013)『クラウドからAIへ-アップル、グーグル、フェイスブックの次なる主戦場』朝日新書 機械と人間の関係を変えるインターフェース革命、AI人工知能。アップルはSiri、グーグルはセマンティック検索、フェイスブックはグラフ検索でモバイルへの入り口を押さえる。

小池良次(2012)『クラウドの未来-超集中と超分散の世界』講談社現代新書 クラウドは超集中と超分散が進むビジネスモデル。アプリやデータはセンターに集約され、多彩な端末で利用。通信網や放送分野の制限、個人情報保護などか制約。クラウドは情報の発信、消費を区別しない。

岡本茂樹(2013)『反省させると犯罪者になります (新潮新書)』新潮新書 加害者が持っている被害者への否定的感情を抑圧して反省させても反省にならない。頑張るしつけや立派なしつけも抑圧と我慢を産むだけで否定的感情を持ったまま。小さい頃の親との関係を振り返り自分への内省が人を更生に向かわせる。

ダグラス・ケンリック(山形浩生森本正史)(2014)『野蛮な進化心理学』白揚社 私たちの行動の奥深くには遺伝子を残す交配戦略が関わっている。経済学の非合理的行動も交配戦略からは合理的(深い合理性)が見られる。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする