2015年06月23日

翻訳書を出版しました。

翻訳書を出版しました。

本書は成思危、肢ネ寧、呉敬l、林毅夫等著、高尚全主編(2013)『改革是中国最大的紅利』人民出版社が原著です。

中国国内の経済学者たちがそれぞれの専門分野から,中国の課題と改革の方針を示しています。



IMG_6339.JPG

本書の出版を記念して,第22回東京国際ブックフェアにて,主編者である高尚全氏(中国経済体制改革研究会名誉会長、国家経済体制改革委員会元副主任),日本からは中兼和津次氏(東京大学名誉教授)を招いて,セミナーを開催します。

日時:7月1日水曜日午前11時〜13時
場所:東京ビックサイト西1ホール
小間番号:2-28
セミナー会場:西1ホール中二階

==監訳者による本書の紹介から===

 中国が経済発展を遂げた大きな理由は、市場経済を導入して人々の積極性を引き出したことにある。それによって安い賃金を活かし、世界へ向けて製品を輸出し、大きく発展することができた。しかし、人々の積極性と低賃金労働だけに頼る発展は、すでに限界を迎えている。この先、中国の発展は頭打ちになるかもしれない。あるいは、限界を超えていよいよ先進国入りするかもしれない。
 本書の主張は、さらなる経済発展には、これまで以上の改革を行えるかどうかにかかっている、というものだ。改革の行く末を阻む腐敗、既得権益層、発展を妨げる格差、環境破壊など。これらを生み出したのは、これまでの体制であり制度である、というのが本書に収められた改革派経済学者の見方である。
 となると、今後の進むべき道はひとつである。改革によって体制や制度にメスを入れなければならない。しかし、現行の体制や制度によって利益を得る人々がいる以上、彼らが大きな抵抗勢力となり、その前に立ちはだかることは火を見るよりあきらかである。これまでは、「市場経済の導入」という目新しく、誰も敗者を生み出さない改革によって大きな発展を遂げてきた。しかし、この先は、必ず誰かが損を被る可能性をはらんだ改革がいよいよ始まる。
 本書は、中国のネガティブな問題や課題に目がいきがちな日本の読者に対して、今、中国はどのように課題に向き合い、対処しようとしているのか、その方法はあるのか、といった問いに対して、誠実な回答を試みている。これらは、既得権益を得る人々にとって大きな脅威である。したがって本書は、中国を本当に良くしたいと願う良識ある学者たちの「良心」が詰まっている。

チラシ.jpg
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする