2016年01月12日

中央都市工作会議

昨年12月に中央都市工作会議が37年ぶりに開催されたんですが、中央経済工作会議の陰に隠れて、日本の報道ではほとんど触れられていないですよね。

ということで、中央都市工作会議の件をPlatnewsに寄稿しました。

多くの農民工が劣悪な環境で生活する中国ー7億人以上が都市に集中(岡本信広)(Blogosにも転載)

中国にも都市運営や都市経営の考え方が広がっている印象を持っています。

ところで、なぜ日本では中国の都市化が触れられないんだろうと思っていたところ、Platnewsの編集者と話ししていて気がついたのは、「都市」や「都市化」の内容や意味が一般の人はそんなにわかっていないんじゃないかという点でした。

日本では都市化は過去の事です。日本では東京一極集中とか言われますが、一般の人にとっては、あ〜人が東京に集まっているのね、程度であって、「それ何、おいしいの?」になっているような気がします。それに日本の都市化時代は1960年代がピークで、東京に集まる労働者のために、多摩ニュータウン、港北ニュータウン、千葉ニュータウンの開発が始まった時代です。ある意味過去のことです。

もう一つは、都市化の意味がつかみにくいという点です。都市は人を惹きつける魅力を持っています。多くの人が集まれば、市場が拡大するとともに、経済活動が活発になります。都市は経済活動の「場所」であり、経済発展の中心であることがあまり理解されていません。(むしろ経済成長はいらないみたいな議論もされるぐらいですし。)

今後も都市、都市化の重要性をもう少しわかりやすく語っていきたいと思っています。


posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡本式中国経済論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする