2009年11月21日

TOEICにて・・・

所属学部では,学生さんの英語力アップにTOEICを活用する議論が出ています。アジア地域言語がうちの「売り」ですが,社会に出てからまず必要なのは英語という現状があります。

私も前の職場では,アジア各国とのやりとりでは中国も含めて,公式文書からメールまですべて英語でした。現地語ができると現地の専門家とコミュニケーションはアップしてとてもいいのですが,まずとっかかりは英語です。前職「アジア経済研究所」というとこでも,現地を重要視しながらも英語が基本でした。

学生時代,アジ研を希望就職先としたとき,中国語は横においておき(学生時代香港に留学してました),英語に集中して取り組みました。資格をとろうと思って,準一級を修士1年の時にとりました。

当時すでに多くの企業から注目を集めつつあったTOEICも,とるべき資格試験の一つとして3回ほど挑戦しました。就職前には820点までのばすことができました。

さて,問題は「今」です。英語を使う機会がめっきり減り,英語論文を書くのがおっくうになってきました。

また今後の在外研究など,自分のキャリアアップのためにも英語はしっかり準備しておかないといけないなぁと感じるようになってきています。

そこで,俺の英語力どうなってる?と思い,先月17年ぶりにTOEICを受験してきましたるんるん

先日,結果が届きました。…結果は785点でしたもうやだ〜(悲しい顔)

しかもリスニング力が断然落ちている!ことがわかりましたバッド(下向き矢印)

現実を見つめて,これから英語勉強していこうと改めて決意しています。

思わずBayFMのラジオショッピングで紹介された,石川遼くんもオススメ・スピードラーニング,ちょっと気になりました(笑)
posted by okmtnbhr at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133405568
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック