2010年04月24日

2009年度の研究成果

2009年度(2009年4月〜2010年3月)の研究成果一覧です。

≪論文(査読付き等)≫

Nobuhiro Okamoto and Satoshi Inomata (2009)'To What Extent Will the Shock Be Alleviated? The Evaluation of China’s Counter-Crisis Fiscal Expansion ',in Satoshi Inomata and Yoko Uchida eds. Asia Beyond the Crisis -Visions from International Input-Output Analyses, Chiba: Institute of Developing Economies-JETRO

岡本信広(2010)「金融危機と中国の地域経済−金融危機により中国の地域格差はどうなるか?」『東亜』No.513(2010/3月号),pp.22-33 (ISSN0387-3862)

岡本信広・興津正信・岡寺智大(2010)「中国の水問題は解決可能か?−産業連関モデルからのアプローチ」『東アジアへの視点』第21巻第1号(2010年3月号),財団法人国際東アジア研究センター,pp41-52 (ISSN1348-091X)


≪報告論文≫
岡本信広(2010)「協同学習としてのLTD(話し合い学習法)の導入事例」『大東文化大学紀要<社会科学>』第48号,大東文化大学,pp.43-62

≪報告・発表等≫
2009年5月17日〜20日第17回東アジアフォーラム(西北大学)にて報告
「Is it possible for inland region to catch up coastal region?(内陸部は沿海部にキャッチアップ可能か)」

2009年6月20日21日第8回中国経済学会全国大会(大阪市立大学)にて袁志海報告へコメント

2009年7月13日〜17日第17回国際産業連関学会大会(ブラジル・サンパウロ)にて共著者名(主著者丹治先生)にて報告
「The Economic and Environmental Impact of Investment to Water Treatment Technologies with Interregional Input Output Analysis in China」

2009年7月24日「アジア経済圏研究部会」公開研究会(中央大学経済研究所)にて報告
「アジア国際産業連関分析U - 現実のアジア- 」

2009年12月12日13日第23回応用地域学会研究発表大会(山形大学)にて報告と猪俣報告へのコメント
「小地域開発を評価する産業連関モデル:韓国セマングムの事例」


≪その他の活動≫
国土交通省国土交通政策研究所(2009)「環日本海経済圏の発展可能性を考慮した港湾物流のあり方に係わるグランドデザインの検討に関する調査」『国土交通政策研究』第82号

posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142650133
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック