2012年04月03日

2011年度の研究成果

2011年度(2011年4月〜2012年3月)の研究成果一覧です。

≪論文(査読付き等)≫
Nobuhiro Okamoto and Satoshi Inomata (2011) 'To what extent will the shock be alleviated? The evaluation of China’s counter-crisis fiscal expansion', as Chapter 6 in Asia Beyond the Global Economic Crisis: The Transmission Mechanism of Financial Shocks, edited by Satoshi Inomata: Cheltenham, Edward Elgar, pp144-168


岡本信広(2011)「中国の地域間産業連関モデルの構築:再検討」『応用地域学研究』第16号,pp.1-14


≪報告論文≫
岡本信広(2012)「学生の自主的な学びを支援する」『大東文化大学紀要<社会科学>』第50号,pp.31-47



≪学会報告≫

「中国の地域開発戦略の整理とその評価」
6月18日第10回中国経済学会全国大会(日本大学経済学部)

「中国省レベルにおける空間相互作用分析-地域間産業連関分析」
10月10日日本地域学会第48回年次大会(和歌山大学)

「自国市場効果(Home market effect)と産業連関間分析のフィードバック効果(Feedback effect)-中国の経済統合を事例に」 
12月3日応用地域学会第25回研究発表大会(富山大学)

≪講演会等≫
「『中国モデル』は持続可能か?」
2月28日北九州市立大学


≪その他≫
「首相交代変化による被災地復興への影響」『チャイナネット(中国網)』2011年8月31日
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241698495
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック