2013年04月02日

2012年度の研究成果

2012年度の成果です。

<著書>
岡本信広(2013)『中国―奇跡的発展の「原則」 (アジアを見る眼)』アジアを見る目シリーズNo.115,日本貿易振興機構アジア経済研究所

岡本信広(2012)『中国の地域経済: 空間構造と相互依存』日本評論社

岡本信広(2012)「中国の国内市場統合と国際経済統合(第13章)」浦田秀次郎・栗田匡相編『アジア地域経済統合 (アジア地域統合講座テキストブック)』勁草書房

<論文(査読あり)>
Meng, Bo, Okamoto, Nobuhiro and Tsukamoto, Yoshiharu.(2012) Input-Output Based Economic Impact Evaluation System for Small City Development: A Case Study on Saemanguem's Flux City Design, The Journal of Econometoric Study of Northeast Asia, Vol.8, No.1, 21-57. (ISSN 1880-6988)

岡本信広(2012)「中国の産業連関分析-特徴と応用」『産業連関-イノベーション&I-Oテクニーク』環太平洋産業連関分析学会,第20巻1号,23-35,(ISSN1341-9803)

<論文(査読なし)>
岡本信広・石川良文・石倉智樹(2013)「国際分業と産業連関モデル」猪俣哲史・孟渤編『2005年日中韓地域間アジア国際産業連関表の作成と利用』アジア国際産業連関シリーズNo.81,2013年3月,日本貿易振興機構アジア経済研究所,pp.43-60

岡本信広(2012)「胡錦濤政権における地域協調発展戦略は成功したのか?」『ERINA REPORT』Vo.109,環日本海経済研究所,pp.23-32 (ISSN1343-4225)

岡本信広(2013)「チーム・ビルディングの手法は学ぶ意欲を向上させるか?」『大東文化大学紀要』第51号,pp.21-35 (ISSN0912-2338)

<その他>
岡本信広(2012)「【書評】朱炎編『中国経済の成長持続性−促進要因と抑制要因の分析』」『中国経済研究』第9巻第1号,pp.50-53 (ISSN1348-2521)

岡本信広(2012)「書評:梶谷懐著『現代中国の財政金融システム −グローバル化と中央-地方関係の経済学−』」愛知大学現代中国学会編『中国21 vol.37(2012.12) 特集:中国水利史』東方書店,pp.208-214 ISBN4497212300

<学会発表>
6月27日 'Non-survey Method for Estimating a Multi-regional Input-Output Model in China'
20th International Input-Output Conference in Bratislava, Slovakia

10月8日 「中国の地域間仮想水交易と 水資源配分の公平性評価」(with 岡寺智大)日本地域学会第49回年次大会(立正大学)

11月17日 「生産工程の分散化(フラグメンテーション)の測定−先行研究の整理と比較」(with 石川良文・石倉智樹) 応用地域学会第26回研究発表大会


<講演等>

4月19日 「中国の経済 - 中国経済は崩壊するのか?」東松山市きらめき市民大学
6月1日  「経済大国・中国の過去,現在,将来」環日本海経済研究所(ERINA)主催賛助会セミナー
9月24日 「生活に浸透する中国-新しい中国経済論」彩の国大学コンソーシアム主催公開講座
10月18日 「『学び合い』による能動的学習 の推進 」私立大学協会教務部課長相当者研修会(神戸)
11月22日 「『チーム』が学ぶ意欲を増加させる!?」第6回FDフォーラム(大東文化大学)
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/264516035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック