2013年10月17日

日本地域学会第50回年次大会

10月12日から14日まで,徳島大学にて日本地域学会第50回年次大会が開催されました。

写真 (6).JPG
<授賞式でのあいさつ>

本大会の総会で,拙著『中国の地域経済: 空間構造と相互依存』(日本評論社)が,学会賞(著作賞)を受賞しました。

アジア経済研究所,大東文化大学と二つの職場が提供してくれた研究環境に感謝するとともに,中国で調査に協力してくださった多くの方々にも感謝申し上げたいと思います。これからも,中国の地域について研究を進めていきたいと思います。

また,本大会では二つの発表に対する討論者をつとめるとともに,新しい研究成果を報告しました。

「FLQによる全国地域産業連関表の事例ー中国の事例」

です。全国の技術係数を地域の情報を使って地域の技術係数を推計する係数調整法(Quotient Approach)について,最近議論が深まっているFleggのLQの手法を中国に応用してみて,その精度を確認するというものです。現時点では,適切なパラメータを設定することによって精度が向上したことを示しました。

IMG_9847.JPG
<報告の様子>
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック