2015年03月31日

2014年度の研究成果

2014年度の研究成果

<論文(査読あり)>
Tomohiro Okadera, Nobuhiro Okamoto, Masataka Watanabe & Jaruwan Chontanawat (2014) Regional Water Footprints of the Yangze River: An Interregional Input-Output Approach, Economic Systems Research, Vol.26, No.4,pp.444-462(Published online: 10 Jul 2014)

岡本信広(2014)「中国とアジアの経済統合−国際産業連関モデルからのアプローチ」『比較経済研究』比較経済体制学会,第51巻第2号,pp.31-41

岡本信広・岡寺智大(2014)「中国の地域間仮想水交易と水資源配分の環境公平性評価」『地域学研究』第44巻第1号,pp.111-122

岡本信広(2014)「新型都市化政策の評価−中国は都市化の費用をまかなえるのか?」『東亜』No.569 ,2014年11月号,pp.32-53(投稿審査論文)

<論文(査読なし)>

岡本信広(2015)「中国の都市化とその課題−生産要素の観点から」国際関係学部国際学術会議実行委員会編『台頭する中国とアジアの新秩序(大東アジア学論集特別号)』2015年3月,pp.1-22

岡本信広(2014)『中国の都市システム−都市規模を抑制するのは合理的か?』『ERINA REPORT』No.121,環日本海経済研究所,pp.3-11

岡本信広(2014)「空間規模,立地と地域産業連関モデル」猪俣哲史・柴田つばさ編『2005年日中韓地域間アジア国際産業連関表の作成と利用(II)』アジア国際産業連関シリーズNo.82,日本貿易振興機構アジア経済研究所,pp.1-17

Nobuhiro Okamoto (2014) "Does Regional Size Matter in Regionalization of National Input-Output Table by the FLQ formula?-A Case Study of China-", Discussion Paper No. 222., Institute of Economic Research, Chuo University

<その他>

時評
岡本信広(2015)「都市の中の村を再開発する−北京の「城中村」改造」『東亜』No.571(2015年1月号),pp.4-5
岡本信広(2014)「戸籍制度改革」『東亜』No.568(2014年10月号),pp.4-5
岡本信広(2014)「「国家新型都市化計画」を労働,土地,資本から読み解く」『東亜』No.565(2014年7月号),pp.4-5
岡本信広(2014)「中国大都市化の抑制−背景と手段」『東亜』No.562(2014年4月号),pp.4-5

書評
岡本信広(2014)「【書評】渡邉真理子編『中国の産業はどのように発展してきたか』勁草書房」『中国経済研究』第11巻第1号,pp.63-66

<学会発表>

11月29日 「中国の地域間分業と地域の「位置」」応用地域学会(琉球大学・沖縄産業支援センター)
12月6日 「日本後城市化時代郷村発展的問題与反思」第二回中国城郷(都市農村)規劃実施学術研討会(中国城市規劃学会)(広州市)

*コメンテーターなど
比較経済体制学会
日本地域学会
日本国際経済学会
環太平洋産業連関分析学会
神戸大学大学院経済学研究科

<講演>
東松山市きらめき市民大学
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック