2014年07月29日

中国の集団指導体制

中国でも有名な経済学者,胡鞍鋼が書いたということで,読んでみました。



中国の独特な政治制度,集団指導制について紹介しています。

本書の主張は,中国の中央政治局常務委員会(チャイナセブン)による集団指導制は素晴らしい,という点に要約されます。

そして集団指導制の特徴を以下の5点に集約します。

(1)分担協働制
 政治局常務委員が党,国家機構などを分担して責任を持って遂行している。もちろん問題については相互に協議している。

(2)交代チーム制
 一度に全員が交代するのではなく,前期と次期の候補たちが混じり合うようになっており,とくに省書記や中央書記処で経験を積むのは重要。

(3)集団学習制
 シンクタンクなどの一線の学者から現状分析を学習し,常に新しい情報を指導部は持っている。

(4)調査研究制
 指導部が現場に入って視察する体制がある。これにより現場の意見をくみ上げる。

(5)集団政策決定
 政治局常務委員は一人一票で責任を負って政策を決定している。情報を交流させる中で民主的な決定が行われているので,独善的な決定や昔のような路線闘争が避けられる。

以上,5点を強調しているのですが,結局,民主集中制の良さがあまり伝わってきませんし,政権賛美のニオイがプンプンします。(あえて言えば,毛沢東時代よりは「規範化」されたよね,という感じ。)

良さが伝わってこないのは日本語訳の問題というよりも中国語の抽象性がそうさせているといえるかもしれません。具体的な事例が少なく,抽象的な言葉で集団指導制の良さを説明されてもおそらく国外の人には伝わりにくいと思いました。

理論的にはまだ「?」というがありますが,第1章の現在の集団指導体制ができあがるまでを毛沢東時代からふりかえっている部分,本書の出版にあたって挿入された第9章は,現政権への交代を事例に集団指導制を具体的に論じているという点は勉強になります。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岡本先生、ありがとうございます。
こちら弊社のFBでご紹介させていただいてもよろしいでしょうか?
Posted by えこら at 2014年08月08日 10:00
どうぞ。
Posted by 岡本 at 2014年08月08日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック