2014年10月28日

4ヶ月TOEICの勉強をした結果wwww

2014年5月末にTOEIC受験を決意し,7月末の第192回公開テストで910点,9月末の第193回公開テストで985点をとることができました。この4ヶ月の受験体験記を紹介します。

IMG_5510.JPG
(2014年9月第193回公開テスト結果)

<なぜTOEICを受験するか?>

TOEICを受けることにしたのは,校務でスーパーグローバル大学創成事業の準備をしたのがきっかけです。他大学がグローバル化を見据えて学生にTOEICやTOEFLなどの点数アップを課すようになり,うちの大学でもおそらくSoon or later導入することになるかもしれない,そうするとある程度の点をとっておかないとしめしがつかないのでは,と思ったわけです。そこで英語学科の先生の話を参考にして目標点数を900点としました。
≪参考:過去のTOEIC戦績≫
1991年?  790(ぐらい)
1992年?月 820
2009年10月 785
2014年 7月 910

<何を勉強するか?>

TOEICが試験である以上,試験対策をすれば高得点が可能です。そこで試験勉強の王道,「過去問の繰り返し」がベストなのですが,TOEICには過去問がありません。そこで,TOEICテストを運営しているETSによる公式問題集,普段からTOEICを受けている講師によるもの,そしてできれば安いものw,を基準に選びました。私がやった問題集の一覧です。参考になるように各問題集に一言コメントをつけています。

《単語》
◎TEX 加藤(2012)『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ』朝日新聞出版社(名著!!)

《リスニング》
・柴山かつの(2010)『スコア900へのTOEICテスト パーフェクトリスニング』ピアソン桐原(図書館で見つけたのでw 傾向はビジネス系にやや偏り気味)
・森田鉄也(2012)『新TOEIC TEST パート1・2 特急難化対策ドリル』朝日新聞出版社(Part1と2の練習にはなったけどいいのかどうかわからない)

《文法》
◎花田徹也(2010)『新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編』朝日新聞出版社(1駅1題の文法の方が人気だが,新しいということでこちらを使った。TOEIC文法の考え方がよくわかる本)
・加藤優(2011)『新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6』朝日新聞出版社(難問ぞろい。ここまで必要か?とも思う)
・森沢洋介(2006)『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』ベレ出版 (中学英語を簡単に総ざらいするために一回だけ読んだ)
・James M. Vardaman(2012)『毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる』朝日新聞出版社(これも中学英語総ざらい用に読んだだけ)
・大西泰斗・ポール・マクベイ(2011)『一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)』ナガセ(ざっと全体を2回ほど目を通したあと,模試復習で解説が分からないときなどに検索用で利用)

《リーディング》
・中村澄子(2014)『TOEICテストパート7 出るのはこれ! 』講談社(図書館にあったので一通りやっただけ。)

《模試類》
◎Educational Testing Service(2009)『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉』 国際ビジネスコミュニケーション協会
◎Educational Testing Service(2012)『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉』 国際ビジネスコミュニケーション協会
(この2冊の公式問題集は全部吸収したい)
◎大里秀介(2013)『3週間で攻略 TOEIC(R)テスト 900点! (CD-ROM・別冊付) (TOEICテスト 残り日数逆算シリーズ)』アルク(模試の勉強の仕方がわかるすぐれもの)
◎花田 徹也(2011)『TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)』コスモピア(いい模試。)
○アン・ノチャン(2013)『新TOEICRテスト スーパーリアル模試1000問 【CD-ROM付き/MP3音源】』宝島社(コストパフォーマンスのいい模試。たくさん解きたい時にはぴったり。)

《その他》
Yuki's Morning TOEIC English Channel』(Yutubeと無料メルマガ。ゆきさんという人がいつも胸を強調した服装で役立つフレーズを毎日一つずつ紹介している。最初の勉強の動機付けになったwww)


<いつ勉強するか?>

大学教員だからヒマだろうということはまったくなく,普段から校務の雑務,授業の準備,そして研究論文や雑文の執筆のおわれています。幸い私は通勤時間が往復四時間あるので,これまで読書にあてていた通勤時間を基本TOEICの受験勉強にあてました

とはいえ,乗り換えが多いので,まとまった時間は武蔵野線の43分,東武東上線の34分です。リスニングの模試一回分(50問)は,45分ですので,片道の通勤で,乗り換え挟んで一回は解くことが可能です。リーディングは75分(50問)ですので,片道で半分から3/4は解くことが可能です。

試験日が近づくと模試を解くことが増えますが,基本は単語,リスニングの写真描写問題(Part1),応答問題(Part2),リーディングは文法・語彙問題(Part5)という苦手分野中心だったので,一回の通勤で上記参考書を繰り返していました。

ただ本番は二時間ぶっ通しの試験です。週末の時間があるときには家族に断って,まる二時間を確保し,試験と同じように全体を解くなどの工夫をしていました。


<どう勉強するか?>

やっぱり効率よく最短距離で目標に到達したいと思いました。基本は2ヶ月で目標達成をねらい,実際うまくいったわけですが,ちょっとTOEICにはまったこと(笑),やっぱり狙うなら950超えたいという欲が出たので,結局4ヶ月やりました。長期間試験勉強するにはモチベーション維持が大変なので,やはり短期決戦がもっとも効率がよいと思います。その意味で,勉強する期間と目標とする点数を決めることは重要です。

久しぶりの試験勉強は感覚が鈍っています。模試以外ではただ単純に同じ本を繰り返しやるというものでしたし,リスニングも通勤時間を使ってながら聞きをするというものでした。(今思うと「ながら」リスニングは効果がないように思う。)

でも途中で知った「3回チャレンジ法」というのを採用することによって,より勉強の効率があがったように思います。これは模試を使った勉強法で,TOEICクラスタではヒロ前田さんというTOEIC講師が主張する勉強法として有名なものです(こちら)。

3回チャレンジ法とは

1回目は時間を計って解く。(答え合わせしても解説は見ない。)
2回目は時間無制限で,納得する答えを導いてから解答する。
これにより,1回目は試験での実力,2回目は英語の実力がわかります。2回目の方がいい結果になるので,1回目との差を埋めるべく復習することによって本番の力を最大化させます。
間違えたところや勘で答えたところを復習し,しっかり解説読んで理解したあと,最後に
3回目を時間を計って解く。

というものです。3回目の試験で満点になるようになれば,その模試からすべてを学び尽くしたことになるわけです。でも実際は200問中98%程度の正答率でした。

とにかく決めた問題集を何回も繰り返すというのは基本だと思います。(でも他の本に目移りしたくなるんですけどねww)


<本番はどう望むか?>

TOEICは英語自体は専門的な語彙が出ることはないので平易な文章です。ただ120分で200問という大量の問題を短時間で処理する能力が試されます。その意味で,本番では戦略をたてて問題に取り組む必要があります。

リスニングでは,各パートの最初に問題の解き方についてのナレーションが入ります。そのナレーションの間にできるだけ先の選択肢を押える,TOEICクラスタでいう「先読み」が重要になります(Part2以外。Part2は問題解答は問題用紙に載っていない)。Part1は写真に一通り目を通し,Part3,4は質問と選択肢にできるだけ目を通しておきます。Part3,4ではとくに固有名詞(人名,地名),時間(曜日,日付けなど)に注意を払いました。

リーディングでは,多くの人はPart5,6を20分で解いてPart7に移行,というらしいのですが,私はPart7からやる戦略を採用しました。私はPart5,6(文法・語彙問題)が苦手で,Part7は最も得意とするところでした。

75分の試験時間のうち,Part7のダブルパッセージ(二つの文章を参照して答える問題)を先にやり,その後シングルパッセージ(一つの文章を参照して答える問題)をやって,Part7を50分で終わらせるという方法にしました。のこりの25分を使ってPart5,6に取り組みました。,私は文法問題に時間がかかりすぎて,得意のPart7に影響を与えるということから,このようなスタイルを採用しました。


<その他>

私がTOIEC受験で役だったのはTOEICの世界観を持つということでした。リスニングにせよ,リーディングにせよTOEICはビジネスの場面というのを意識しています。その中でもおもしろい特徴を持っています。

新入社員の研修(ワークショップが頻繁で講師はまず遅れるww)
電車や飛行機は遅れるwww
会社の売り上げは伸びっぱなしww(それを記念したパーティが開かれるw)

このような特徴を理解すると,会話を聞く,文章を読むというときに「どのような場面か」が想像つきやすく,世界観に合った選択肢を選ぶことが可能になります。(オススメはヒロ前田・清涼院流水(2013)『DL特典付 不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる』アルク)


<TOEICを勉強するにあたってのアドバイス>

TOEICは狙う点数によって勉強の仕方が変わります。上級者(900点以上を目指す人)は上記を参考にして,とにかく模試を何回も解くことが必要でしょう。TOEICクラスタでは模試10回分(2000問)が900点突破の一つの目安のようです。

それ以外の人にアドバイスするとすれば以下の方法をすすめます。

《初心者(500点を目指す人)》

*単語と文法を復習しておく
*Part1,Part2,Part5,Part6の得点を目指す
オススメ参考書
Educational Testing Service(2013)『TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー』国際ビジネスコミュニケーション協会

《中級者(700点以上を目指す人)》

*単語をさらに増やす
*Part1,Part2,Part5は基本として,自分の興味あるネタであればPart3,4,Part7の問題は解けるようにする。
オススメ参考書
TEX加藤の『出る単 金フレ』
Educational Testing Service(2011)『TOEICテスト公式プラクティス リスニング編』 国際ビジネスコミュニケーション協会
Educational Testing Service(2014)『TOEICテスト公式プラクティス リーディング編』 国際ビジネスコミュニケーション協会

参考書に悩んだら,濱崎潤之輔さんの『独学でTOEIC990点を目指す!』というブログでTOEIC教材チャート【Vol. 2】.pdfが公開されているので,これを参考に選ぶのもいいでしょう(常にアップデートされています)。


以上,4ヶ月のTOEIC受験体験記でした。みなさんのご検討をお祈りします!
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407819758
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック