2014年11月25日

公共資源の市場経済化

中国でおもしろそう,と思った場所があります。最近出張行くたびにどの都市でもみかけるようになったものです。

それは「公共資源交易中心(公共資源取引センター)」です。

管理中心四川省公共資源.jpg
四川省人民政府の報道から

参観はしたことないのですが,百度などネットで調べてみると

主に「政府調達」「プロジェクト建設」「国土資源」「産権交易」「国有企業調達」などの分類にわかれています。取引の8割は政府調達とプロジェクト建設が中心のようで,政府が税金で物品を調達する際の入札情報を提供したり,公共事業の入札条件などが公開されているようです。

日本でいう内閣官報みたいなものですが,「公共資源交易網」(2013年8月開始)では全国4500もの各地の交易中心の情報を扱っているのが特徴です。一般の企業が中国全土の入札情報にアクセスできるわけです。

日本の地方自治体も公共の健康センター,体育館,保育園などを民間の運営にまかせています。その際の公募情報などは個別に提供されているのが実情で,このような情報を日本全土で共有できれば,日本の公共施設などの公共資源を有効に活用できるのではと思いました。

国有企業改革で国有企業資産の取引を目的として2000年代に各地に産権取引所ができましたが,現在では都市化で土地のさまざまな権利を取引できる産権交易所も各地にできてきています。

権利売買のシステム,プラットフォームをつくるというのは中国の得意なところといえるでしょう。これで各種土地や資本が有効に活用でき、かつ取引が透明になって腐敗が減少するのであれば,これはいいシステムだと思っています。


posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡本式中国経済論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック