2015年02月03日

2015年度1月読書ノート

2015年1月の読書ノートです。

今回はやっぱりこれかな。



水野敬也のガネーシャシリーズはこの本で3部作となりました。最初の一冊目が爆笑と感動だったのですが,2冊目でふーんとなり,3冊目のこの本はどかーんと爆笑と感動があります。最後泣いちゃったしww


<経済>

岡田彰(2014)『ゲーム理論・入門 新版--人間社会の理解のために (有斐閣アルマ)』有斐閣アルマ 戦略ゲームは必ずしもパレート最適にならず、囚人のジレンマは利害の対立と協力を示す。協力ゲーム、進化ゲーム、ゲームの実験など。

佐藤康裕(2014)『都市・地域経済学への招待状』有斐閣ストゥディア 地域の産業と県民所得、人口移動、都市化、住宅と土地、都市モデル、地域間交易、立地、空間経済学、交通サービス、地方政府の役割など。

日経新聞編(2014)『身近な疑問が解ける経済学 (日経文庫)』日経文庫 きまり、ルールとゲーム(松井、安田)、民主主義(加藤)、リスク、医療(小塩、井伊)、経済地理(河端)、組織・人事(大湾)、行動経済学(池田)など平易な解説。

<中国>

福島香織(2014)『中国食品工場のブラックホール (扶桑社新書)』扶桑社新書 外資に肉製品をおろしていた上海福喜。潜入報道と政府の対応から政治的な外資バッシングがある?食品問題の背景には都市農村の二元化による農民工のテロ、厳しい基準にも関わらず賄賂を要求する検査官、密告を奨励する制度など。

<自己啓発>

水野敬也(2012)『夢をかなえるゾウ2 文庫版 ~ガネーシャと貧乏神~』飛鳥新社 芸人の道に進んだ西野勤。貧乏神の幸子さんに取り憑かれ,ガネーシャとコンビを組み,ゴッド・オブ・コントに出場。自分が困っている時に人を助けるのは,自分の困っているという感情から抜け出すこと。

水野敬也(2014)『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』飛鳥新社 女性の夢をかなえるべく現れたガネーシャ。ブラックガネーシャ対黒ガネーシャの対決、私は夢を叶え幸せになれるのか。すぐ諦めてしまう人生か頑張る人生か、両方を経験して好きな方を選んだら良い。

野上洋幸(2006)『人生が劇的に変わる心の習慣』こう書房 人は頭を使う生き物。問題は書き出して取り組んでこそ解決する。振り返って変えるべきものを明らかにして取り組む。人格と世俗的成功はバランス取れたもの。


<社会>

サンジーヴ・スィンハ(2014)『すごいインド-なぜグローバル人材が輩出するのか』新潮新書 カースト、現地言語、多人口、低教育の古いインドからカースト意識を持たず英語を標準語とし、高経済効率を求める新しいインドへ。英語教育と特権階級以外はインド工科大学で技術者の道へ。

チャールズ・アーサー(林れい)(2012)『アップル、グーグル、マイクロソフト-仁義なきIT興亡史-』成甲書房 グーグルは検索事業からスマートフォン事業に、アップルはデジタル音楽、携帯電話、タブレットで先行、マイクロソフトはPCを基盤としたのでリーダーにも革新者にもなれなかった。

佐藤優(2014)『創価学会と平和主義』朝日新書 日蓮の縁起観、初代、二代、三代会長が投獄された経験、SGIという国際組織、創価学会を体現する池田大作という名が創価学会の平和主義を形成。それを支持母体とする公明党は現実的な中道左派となり安全保障において重要なブレーキ役に。

<その他>

斉藤淳(2014)『世界の非ネイティヴエリートがやっている英語勉強法』中経出版 英語は特定の状況→文のインプット→単語と文法の理解へと、状況を大事に。動画は状況から英語に入るので深く広く記憶できる。単語も意味ではなく絵で、動画を使って英語のイメージを蓄積。

長谷川裕雅(2014)『磯野家の相続入門 節税は「花沢不動産」にきけ!』中公新書ラクレ 相続税対策の基本は、贈与、収益不動産などで相続財産の量を減らす、タワマン、所有不動産の組み替えなどで評価を下げる、控除、非課税限度額を増やす、である。

山並陞一(2011)『語源の音で聴きとる!英語リスニング』文春新書 太古の生活、捕える、食べる、村落、部族などの生活語が原語となり、英語の短い音を構成する。「知る」はノゥであるが、この音からnote、know、noticeがつながる。

山並陞一(2003)『語源でわかった!英単語記憶術』文春新書 英語の多くは印欧祖語。takeの語源degはtek、teg、tag、takでその音が伝える意味「ふれてえらび、つかみ取る」を理解すればその原音と原義から意味が類推可能。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック