2015年03月17日

2015年2月の読書ノート

先月は英語学び直しのために英語勉強法の本をいろいろ読みました。

オススメはこれ。



語学学習もずいぶんと科学的に解明されてきているという印象を受けました。白井さんの本は全部先行研究を丁寧に追っていて,学習方法の科学性が裏付けられています。

竹内さんも科学的に迫っているのですが,ちょっと実験(統計)分析と目的が今一歩わかりませんでした。それでも多くの英語学習者の共通点を探しだそうとする『「達人」の英語学習法―データが語る効果的な外国語習得法とは』は面白かったです。

勉強したいけど,どう勉強すればいいかわからない人には森沢さんの『英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法』がおすすめ。


<英語>

村上憲郎(2008)『村上式シンプル英語勉強法』ダイヤモンド社 英語はグローバル社会を走り回るための「2台目の自転車」。息継ぎなしで小説10冊ノンフィクションで5冊読み、毎日1万語の単語を眺め、1000時間英語を聞き、借りて来た表現で書き、自分のことで100の英文を持っておく。

イムラン・スィディキ(2014)『これを読むまで英語はあきらめないでください!』大和書房 英語勉強のモチベーションを維持できないのは、上達しているけど上達を実感できていない、目標を見失っている、勉強内容と英語学習の目的があっていないのどれか。上達者はインプットを重視。

野島裕昭(2010)『「超音読」英語勉強法 留学経験なし! だけどTOEIC テスト満点!』日本実業出版社 ネイティブに近い自然なスピードで音読できればリスニングの基礎となる。速音読→リスニング→速音読→スピーキングへとつながる。

國弘正雄(1999)『國弘流 英語の話し方』たちばな出版 只管朗読こそが英語を身につける方法。楽をして英語を身につけることはできない。中学のリーダーの繰り返しの音読で直読直解、多読が可能になり、会話表現や英作文の基礎ができる。

森沢洋介(2005)『英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法』ベレ出版 英語を自由に話す基盤となる「基底能力」は知識と知識を活動させる回路からなる。回路を作るための短文暗唱=瞬間英作文,音読パッケージを基本に精読,多読とボキャビルへ。

竹内理(2003)『より良い外国語学習法を求めて-外国語学習成功者の研究』松柏社 学習方法の意識化などのメタ認知方略、リーディング・リスニングは深く読み分析的に聞き、音読、その後量拡大。スピーキング・ライティングは基本文型の大量暗記、パターンプラクティスなど。

竹内理(2007)『「達人」の英語学習法―データが語る効果的な外国語習得法とは』草思社 年齢による臨界点は懐疑的。否定的思い込みは学習に不利。目的明確に、集中と定期的学習というメタ認知を前提に、リスニング、リーディングは最初丁寧に後は量、英作文は英借文、語彙は音声化、文脈化、身体化、ネットワーク化、リスト化が有効。

鎌田浩毅・吉田明宏(2013)『一生モノの英語勉強法』祥伝社新書 目的をたて戦略(学習すること)を明確にする。学習する内容について戦術(参考書)を選ぶ。持ち時間とゴールを明確に。発音,文法,読解,単語,リスニング,スピーキングの六分野について方法を伝授。

門田修平(2007)『シャドーイングと音読の科学』コスモピア シャドーイング・音読にはリスニング・リーディングの音声知覚、単語認知を自動化し、内語反復の効率化・顕在化による語彙・文法などの学習事項を内在化する機能がある。

千野栄一(1986)『外国語上達法』岩波新書 言語習得に必要なのは目的と目標、お金と時間。覚えなければならない項目は語彙と文法で、習得のための三つの大切な道具はよい教科書と良い先生とよい辞書である。

猪浦道夫(2003)『語学で身を立てる』集英社新書 理想的なプログラムは、文法体系の把握、平易な現代文の精読、作文演習、会話演習(独習)。

白井恭弘(2004)『外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待 (岩波科学ライブラリー)』岩波書店 言語習得はかなりの部分がメッセージを理解することから起こり、意識的な学習によって発話の正しさをチェックし、自動化により実際に使える能力に貢献し、普通に聞いているだけでは気づかないとを気づかせる効果がある。

白井恭弘(2008)『外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書)』岩波新書 第二言語習得論 外国語学習の成功は学習開始年齢、適性、動機づけによって決まる。母語と外国語が違う部分が学習の邪魔になりやすい。そのため「インプット理解とアウトプットが必要」。例文暗記で補足しながら言語のデータベースを増やすこと。

白井恭弘(2012)『英語教師のための第二言語習得論入門』大修館書店 外国語習得に成功する学習者は若い、母語が学習対象言語に似ている、外国語学習適性が高い、動機づけが強い、学習法が効果的、という特徴を持つ。言語習得の本質はインプット仮説と自動化理論の二つ。

<その他>
杉山貴章(2011)『図解 クラウド-仕事で使える基本の知識』技術評論社 自社サーバやネットワーク機器を用意することなく,Webブラウザで大部分を利用することが可能なクラウドサービス。データベース,アプリ,開発環境などを必要なだけ物理的設備や場所に左右されずに利用可能。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414844495
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック