2015年04月07日

『地域学研究』に

以下の論文が日本地域学会の学会誌に掲載されました。

岡本信広(2015)「中国産業連関表を地域化するのにFLQは有効か?」『地域学研究』第44巻第4号,pp.423-436

これはちょっとテクニカルなモノですが,将来的に産業連関表を都市地域に限定して推計したいというのがあって,その有効性を確認してみようというものです。

結論としては「なんともいえない」というのが現状で,それでも適切なパラメーターが推計できれば,全国の産業連関表から都市の産業連関表を推計できる可能性はあります。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック