2015年04月14日

東亜』COMPASSでの連載。第6回目

霞山会の月刊誌『東亜』2014年1月号から,3ヶ月に1回のペースで時評を担当しています。 第6回は 「土地の国有化が難しいのはなぜか?−深圳を事例に」 です。 リードより。

【リード】
深圳は二度の土地国有化を通じて,農民,農村が存在しない都市化に「成功した」都市である。この経験から導かれる教訓は,土地需要の増加で発生した土地価値の利益分配のない国有化はうまくいかず,都市農村の二元構造は残ったままになるということである。

2ヶ月ぐらいすればWebで読めるようになるかと思います。

岡本信広(2015)「土地の国有化が難しいのはなぜか?−深圳を事例に」『東亜』No.574,pp.4-5
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416973684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック