2015年10月20日

郷村規劃師

10月17日,18日と中国都市規劃学会・中国城郷規劃実施学術研討会の第三回年次大会に参加してきました。

私は山口真美さん(アジア経済研究所)とともに幕張の都市計画とその発展,住民参加の問題などを報告するとともに,さまざまな報告を聞くことができました。この規劃実施学術研討会は学者のみならず実際の都市計画を実施する官僚などが参加するので現場の声が聞けるいい会議です。

今回の大きな収穫は成都の新型農村建設の現場を見ることができたこと,その鍵は成都独自の制度「郷村規劃師」にあるのではないかという仮説を持てたことです。

蒲江県明月村新型社区を見たのですが,その建設をその村の「郷村規劃師」の方が紹介してくれました。

<明月村>
IMG_7068.JPGIMG_7074.JPGIMG_7073.JPG

成都市規劃局は会議で「郷村規劃師」の役割を強調するとともに,全国に展開したいという意気込みを見せていました。

「郷村規劃師」とは,郷,村レベルの都市農村開発の責任を持つ人です。役割としては,郷村レベル政府各部門の意見調整,農民の意見聴衆,開発(保護,改造も含む)プランの制定,はたまた基層レベルで発生する矛盾の解決が求められています。規劃師は村の誰かを任命するのではなく,一般に公募され,一定の訓練を受けたあと村に派遣され,人間関係を築きつつ,村の開発問題に携わります。ブログも開設されているようで,ともに規劃師同士で意見交換できるようにするとともに,2,3年で再訓練のプログラムが用意されています。

この郷村規劃師制度,今後の新農村建設のキー・ロールになるか,注目しておきたいと思います。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡本式中国経済論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック