2015年11月24日

美麗郷村(貴州省の新型都市化の取り組み)

11月16日から20日まで貴州省で,新型都市化の調査を行ないました。とくに安順市は国家新型都市化の試点(実験地域)として,農村の小城鎮化に積極的に取り組んでいます。

貴安新区が昨年国家級新区に昇格し,国家による投資が大量につぎ込まれています。これは,2020年までの全面的小康状態への達成に向けて,国家が一番貧しい貴州省の貧困脱出に力を入れているからです。

とくに農村の貧困問題は深刻ですので,安順市でも農村開発の方向は,観光業,生態環境を活かした農業,小城鎮化というように,都市化を一つのキーワードとして,開発に取り組んでいます。

今回は農村でも「美麗郷村」の試点(示範点)をいくつか回りました。国家がお金を投入し,農村の城鎮化を行ない,産業としては観光に力をいれるというものです。

IMG_7351.JPGIMG_7359.JPGIMG_7367.JPG
(今回,一番気に入ったのは龍宮鎮桃子村。とてもきれいです。時間があったらパソコンだけ持って,ここでゆっくり原稿でも書きたい。)

ただ問題もあります。私が感じたのは以下の点です。

(1)極端に政府投入が多い。5千万元から8千万元が政府から投資されています。この政府投資によって建築業雇用を増やしており,これが1人当たりの平均収入を一時的に上昇させている可能性があります。ほとんどの村で1人あたり収入が1万元に到達しています。
(2)観光業が発展するほど観光資源は豊かなのかという問題です。上の写真にもあるような,龍宮鎮には国家級の景点がありますが,観光資源がなければ永続的に観光農村として永続するのは難しいように思います。また観光地は工夫を凝らし続けないとリピーターは生まれません。一回きりになっては永続的な観光農村としては難しいです。
(3)観光業による村づくりを各地が展開すると、似たようなものになります。また市場での競争は激しく、市場から見放されれば、村はまた貧困に陥る可能性があります。

それでも農村が豊かになってきているのは確かなので,これもまた将来的に再度訪問してみたいと思います。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡本式中国経済論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430136345
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック