2016年09月27日

日本の大学はどこに向かうのか

この間の中国経済学会では、もちろんヨーロッパ・イギリスが中心ですが、中国から参加している学者も多く、なんでこんなに多いのかなと不思議に思いました。

さまざまな学者と話した結果、わかったことは

行政当局、大学当局のランキングに対する思い入れが強く、現場では国際学会での発表(口頭発表、査読誌での発表含む)への圧力が大変らしい

ということです。多くの大学で査読誌への投稿、競争的外部資金の導入が義務付けられているようで、大変だと言ってました。

日本でも科研費の申請を義務付ける大学は少なくないとは思いますが、投稿までは何も言われていないと思います。しかも基本的にインパクト・ファクターの高い査読誌に投稿されることが進められます。

日本の話をしたら、やはり一様にみな長期的な研究ができないというデメリットを強調していました。日本では時間的制約は各教員に任されているので、積極的に成果を出してもいいし、ゆっくり練って時間をかけて発表してもかまいません。この意味で、日本の大学では、研究は教員の裁量にありますが、海外では研究は大学の裁量にあると言ってもいいでしょう。

日本では、ランキングに対する懐疑的な意見が多いです。日本に不利だというのもありますが、そのランキングですでに他のアジア諸国は勝負をしています。

9月23日に発表されたTimes Higher Educationの大学ランキングでは、オックスフォード大学が北米の大学を抑えて初の1位、そしてアジアからはシンガポール国立大学が24位にランクインしました。中国の北京大学が29位、精華大学が35位、日本の東大は39位、香港大学が43位と続きます。

このランキングでは教育、研究、引用、資金、国際化を指標にしています。国別でみてみると面白いことがわかります。日本はアジアの中で各指標の順位がそれぞれ7位、7位、14位、11位、15位となっています。つまり研究の引用が少なく、国際化も遅れているようです。

国際化は言語面でのハードルが高いです。それでも中国の有名大学はどんどん授業の英語化を進めているので、その差も出てきたのかもしれません。

知の手法(Discipline)の共通化、知(knowledge)の公共財としての共有化を考えると、英語言語による成果の共有とそれに基づく教育は時代の流れのように思えます。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学教育について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442244284
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック