2016年10月18日

中国経済は脅威となるか

China’s Economy: Powerhouse, Menace or the Next Japan?
Mr. Arthur R. Kroeber (China Economic Quarterly)

今回のSOASのイベントはChina's Economyの本の著者であるクローバーさんの講演。



以下は講演メモ。


中国は成長、貿易、投資でも大きな存在になった。

この成長には以下3つの要因が考えられる。

一つは、他の東アジアと同じように東アジア国家モデルであった。農業における余剰労働力を活かしつつ、政府による政策、インフラ、金融が整えられ、製造業の輸出が大きく伸びた。ただ他の東アジアとは違うのは大量の外資導入と国有企業の存在である。

もう一つは移行経済で効率化したことである。計画経済から市場経済で資源が民間に配分されていく過程があり、一般に民間に資本が移行し高い収益率がもたらされた。国有企業でも民間企業が国有企業を囲み、競争環境を激しくしてきた。少なくとも、民営化よりも競争が国有企業の効率化をもたらした。

三つ目は、統治に特徴がある。中国は中央集権化されているが実際には分権化された状態である。投資については地方政府が決める部分も多い。中央が抑えながらもボトムから競争が発生する。

中国の経済的決断Economic Decisionには二つの制約がある。

一つは内部制約。共産党が中心であることを求めつつ、成長を最大化している。これは経済コントロールと規制緩和が衝突する。

もう一つは外部制約である。他のアジア諸国は米国の保障の下にあり米国の市場を利用できた。中国はアメリカと敵対していたために外国資本を入れることによって世界市場アクセスを改善した。米国に合わせながら中国ルールの確立に向かうのが一つの制約だろう。
 
問題は、資本産出比率が低い(1:1.5、先進国は3:1だという)。資本蓄積のスピードが速くなってしまい、過剰資本の問題を生んでいる。資本を必要なところに配分されるようにすることが中国の経済的挑戦だろう。

もう一つのは人口構造である。社会の高齢化が進み、2020には日本と同じで2人の労働人口が1人の高齢者を支えることになる(アメリカは3人)。日本のように低成長になる可能性がある。

中国はどうするか。楽観悲観が混在している。技術的な成長ができ、資本配分がうまくいけばまだ数10年は成長が可能かもしれない。あとは次の党大会で中央常務員会のメンバーがどうなるか。習近平は経済改革にかなりコミットしている さまざまな社会的要素に党の関与が増えるかもしれない。例えば、競争が激しくなって国有企業、地方の国有企業を退出させなければならないときにどうするか。シンガポールのように一党独裁でありながら経済的な成功する可能性はなくもない。悲観的には金融崩壊の可能性だ。負債が顕在化すれば日本のように経済は長期的に沈滞する可能性がある。

posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡本式中国経済論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442896481
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック