2015年01月13日

『東亜』COMPASSでの連載。第5回目

霞山会の月刊誌『東亜』1月号から,3ヶ月に1回のペースで時評を担当しています。 第5回は 「都市の中の村を再開発する−北京の「城中村」改造」 です。 リードより。

【リード】
北京では都市開発で取り残された村,「城中村」の都市化改造が進んでいる。基本は日本の都市再開発法と同じ方式をとるが,都市農村の制度が分断されているために,集団所有資産,農民の就業問題,社会保障問題の解決が必要となっている。

posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

都市規模を抑制するのは合理的か? 『ERINA REPORT』 12月号

今月刊行された『ERINA REPORT』に

岡本信広(2014)『中国の都市システム−都市規模を抑制するのは合理的か?』『ERINA REPORT』No.121,December,pp.3-11

が公表されました。

【要約】
 本稿では,中国の都市システムをランクサイズルールから検証し,現在中国政府が進めている大都市の抑制は合理的でないことを示す。ただし,地域開発戦略の一環として行われている都市圏や都市群の発展は大都市抑制の代替可能な戦略であることを主張する。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

神戸大学「新型城鎮化与中国経済社会動態」研討会

12月13日土曜日,神戸大学大学院経済学研究科で開催された「新型城鎮化与中国経済社会動態」のワークショップに参加しました。

「浙江省新型城鎮化模式研究」(浙江工商大学,張丙宣)の討論者をつとめましたが,四川社会科学院の丁延武による「成都試験区農村土地産権制度改革的主要創新与発展展望」が非常に勉強になったので,その備忘録を以下に。

成都の都市農村一体化試験区として重要な工作は産権制度の確立。農村では経営請負権のみ認められているが,その権利が各農民に付与された結果,農村では農地が分散化して,規模の経済が働かなくなっていた。そのため所有権はそのままにして,農地に対する権利を法律で確定し,土地の流通や払い下げなどを可能にし,流通をよくすることによって規模の経済化をはかる必要があった。

土地の流動性を確保するためには,産権(財産権)を明らかにすることである。権利を与えてもその法律的な保護(権能)が与えられないと意味がない。そこで成都では産権確定運動が展開され,各農村の農民代表大会などを通じて,細かな土地区画の確定,産権の確定が進んでいった。また耕地保護をすることによって補助金を出すことによって農地の無駄な開発を排除し,そして土地の権利を株式と同じように見立てて土地株式合作社を設置していった。

土地株式合作社は,農業サービスを中心とする組織である。共同購入や機械レンタルサービスなどを通じて,農業の生産性を向上させるというものである。

成都は産権確定運動がうまくいった地域である。ただ土地管理法,請負法,物権法との関連では法律のすきまにあるようなところもあり,再度検討する必要はあるし,農地は自由に取引できないなどの制約はある。それでも,取引(交易)プラットフォームを設置して,農地の流通,土地担保による資金融通など農業の現代化に貢献してきている。

大変勉強になりましたが,会議での議論を通じて疑問に思ったのが何点か。

(1)産権確定運動の誘因は村委員会や村長などへの利益供与かどうか。
(2)農地の産権を確定しても流通にはある程度歯止めがないと農地減少につながるのでは?
(3)集団所有建設用地と国有建設用地の共通取引がなぜ実施できにくいのか?

などです。産権を確定することによって農民は土地からの収益を自分のものにする,それを担保にお金を借りることができるなど,土地の資産化が可能となります。

となると都市化で土地が必要になると,土地の接収による補償金は今後も高くならざるを得ないでしょうし,国有地とすると今までの収益をどう保障するかという問題も発生するので,土地制度の都市農村一元化はさらに難しくなってきているという感想を持ちました。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

中国城郷(都市農村)規劃実施学術研討会

12月6日,7日と広州市広州大厦で開催された第二回中国城郷(都市農村)規劃実施学術研討会(中国城市規劃学会)に参加,報告してきました。私は分科会(3)「村庄規劃実施研究」」において,日本のポスト都市化の農村問題について報告し,質疑応答に答え,学術交流を行なってきました。

本会議の招待講演は,広州,武漢,成都の市規劃局の担当官より,都市や農村の都市化規劃の実施状況についての報告,そして同済大学,人民大学の法律担当の教授より,都市規劃法と農村規劃法の関係について報告がありました。

それらが面白かったので,以下備忘録として。

(1)広州市の都市化の問題は,土地制度の改革である。広州市は1000万人を超える大都市であるが,2/3は農村の集団所有地のまま都市化が行なわれている。このため都市化の土地,社会保険,インフラがすべて集団経済による建設となっている。都市化規劃を実施するためには,すでに集団所有地で生み出されている利益配分をうまく行なわないと,国有地への転換,都市規劃の実施に大きな困難をもたらしている。

(2)武漢市も1000万人を超える大都市である。武漢では農村の観光開発が行なわれているが,都市部ではストックの土地(現在ある土地)の活用が課題になっている。メインの観光道路(中山大道)を文化遺産を守りつつ特色のある町建設が行なわれている。

(3)成都では,2回の大地震の経験を乗り越え,再建と新農村建設が進んでいる。各農村に城郷規劃司を任命し,育成教育を行ない,農村において農民の意見を取り入れつつ,農村建設の規劃を制定,農民ととともに規劃を実施しているという。

(4)法律問題では,2008年に「城郷規劃法」が成立し,これが都市,農村規劃の根拠法となっている。しかし各政府部門(国土部,住宅管理部,建設部など)が規劃に関する行政通知を発令するとともに,各地方でも地方人大や地方部門が規劃に関する規程を公布している。このあたりの行政権限については法的根拠が難しいらしい。また住民に公益地として利用するとしながら規劃局が住宅商品販売のためのマンション建設に走って,裁判になるケースもあるという。
 「規劃」を設定しながら,それがブループリント(青写真)なのか,それとも守るべき行政法規なのか,このあたりの線引きは難しい。

いろいろ勉強になったことがあったので,そのうちまた別エントリで紹介したいと思います。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

応用地域学会全国大会in沖縄

琉球大学・沖縄産業支援センター主催で,今年の応用地域学会全国発表大会が11月29日,30日に沖縄で開催されました。

私は「中国の地域間分業と地域の「位置」」と題して発表しました。

内容は,中国の地域間分業は,内陸部が原材料,エネルギーなどを沿海部に供給するという形になっているのか,そして都市化が進む沿海地域は,地域間分業の上流に位置するのかどうかを,地域間産業連関分析(平均波及段階数Average Propagation Length)で検証,その結果,中国内陸部は沿海地域の原材料供給基地であるのはたしかだが,都市化が進む沿海地域は地域間分業の上流に位置しないことをあきらかにしました。

国際的には,日本やアメリカなどの先進国は都市化がすすみ,サービス産業も発展しているために,国際分業では上流に位置しています。つまり先進的なサービスや技術開発が発展途上国に広がっていくというサプライチェーンの上流にあることを意味します。

ところが,中国の先進地域は都市化やサービス産業化が進んでいるにもかかわらず,あくまでインフラなどの「都市建設」がすすむだけであり,地域間分業では上流に位置しない(つまり付加価値を生み出していない)ことがあきらかになりました。

いいかえると,中国の都市化やサービス産業化はあくまで内陸部の産業を需要面で牽引するだけであり,都市集積や都市部の技術開発はまだまだ進んでいないことが計量的にあきらかになったといえるでしょう。

posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

環太平洋産業連関学会第25回年次大会

11月15日,16日と岡山大学で環太平洋産業連関分析学会(PAPAIOS)の年次大会が開催され,私は2日目の「地域経済IIセッション」の座長と討論者をつとめました。

討論者では,陳・山田・井原 「愛知県経済の空間的相互依存に関する研究−中部圏地域間産業連関表に準拠して」 へのコメント を行ないました。

この報告は,私が『中国の地域経済−空間構造と相互依存』で行なった乗数分解法に基づいて,愛知県の中部圏における空間構造をあきらかにしたものです。私は,@推計手法,Aモデル,B結論の読み取り,についてコメントをしました。

セッションを通じて感じたことは,地域経済を分析・政策提言するとなるとどうしても自給率に目が行きがちだということです。地域経済の雇用と発展を考えれば,他地域からの財を移入するよりは自地域で生産できる方がいいです。でもだからといって,農林水産業やら製造業やらを振興支援するような結果になるのはどうかなと感じています。なぜなら経済は成長とともに産業構造は変わるもので,その変化の流れに関係なく現存産業の振興は必ずしも長期的な地域経済の発展にいいとは限らないからです。

このあたりの議論は国際経済学でもいう保護主義と幼稚産業保護論に似通ってきます。国際経済的には自由貿易や経済統合を論じていても,地域経済では保護主義的な議論を展開しやすい,というグローバルとローカルの衝突を改めて認識しました。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

中国は都市化の費用をまかなえるのか?

『東亜』に投稿した原稿が掲載されたので,その紹介。

岡本信広(2014)「新型都市化政策の評価−中国は都市化の費用をまかなえるのか?」『東亜』No.569 ,2014年11月号,pp.32-53

【要約】
 中国の新型都市化政策の推進には,都市インフラ建設ための費用のみならず,農村都市一体化のための制度改革費用がかかる。世界銀行と国務院発展研究センターは政府によって都市化の費用はまかなえるとするが,筆者のシミュレーションによれば都市化によって期待される税収は政府負担の三分の一しかない。新型都市化政策の推進には,どのように財源を調達するかが鍵となる。

IMG_5606.JPG
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

『うわさとデマ 口コミの科学』

中国経済をやっていると,よくもまあこれだけ中国の否定的な情報が流れるなと感じることがあります。もちろん否定的情報の方がニュース価値として高いのはよくわかっているのですが。

中国情報がデマとかうわさだとかまではいいません。でも一つの現象を見たときにどうして人は中国を否定的にみて,それを人に伝えるのか,「中国バイアス」の存在を理解する上で役に立つ本がこの本でした。

ちなみに「中国バイアス」とは,中国の各地域のGDP成長率が一国のGDP成長率よりも高いと,統計がおかしいとか(もちろんそれは問題),地方政府の盲目的投資拡大とか(もちろんその要素もある)などどうしても否定的にとらえることです。アメリカの経済成長率が州ごとに違ってもそんなにマイナス的な判断にはならないでしょうし,そもそもニュースにもならないかもしれません。中国だからこそネガティブにとらえられ,そしてネガティブに情報が提供されることが多いです。私はこれを「中国バイアス」と呼んでいます。



さて,本書の主張を簡単にまとめると

人は社会的存在であり、世界を理解したいという欲求を持っている。噂は共同で世界を理解し、脅威を取り除く手段でもあるが、人はとんでもないものを信じることがある。たいていの噂は確認されないが、噂が真実になるためには、集団に事実を探そうとする動機があり、事情通が存在し、意見の多様性、活発な議論が必要である。

といったところです。

人間は頭に浮かんだ考えで物事を解釈する傾向があります。これを認識構造活性化の法則というそうです。例えば,東北に旅行して美人をみたら,やっぱり東北美人だなと思うわけですが,これは人から東北美人という言葉を聞き,すでに東北に対して思考のフレームワークを持っています。この時,本当に体験すると,東北美人という思考と現実が一致し,そして人に伝えることになります。この意味で噂は思考のフレームワークを活性化させます。

ところで,噂とは、話し手と聞き手にとって重要か関心が高いとみなされ、真実と証明されずに世間に流布している情報です。中にはもちろん真実はありますが,その真偽を確かめることができていないのが噂です。

噂は,曖昧な状況や脅威に直面しているか,将来の脅威が予想される状況で生じます。災害などがその典型ですが,災害が発生すると曖昧な状況になり,人は情報を必要とします。現在こうであると確定できない状態です。あるいは脅威にさらされているときです。これも災害でよく起こることですが,津波がくる,火事が発生するなどさまざまな脅威が人をして噂を発生させます。

噂は、曖昧な状況の情報の空白を埋め状況を理解する、脅威をとりのぞくためにあります。災害では,必要な情報が足りません。そうなるとその空白を埋めようとして,人々の口に上がっているものを信じやすい状況になります。でもそのような情報を得ることによって,現在の状況を理解して安心することができます。

噂とどのようにつきあうべきでしょうか。ある噂が広まっている社会集団の中で,社会を構成するさまざまな人が自分のもっている情報を提供して、多くの人がその新しい情報を手に入れます。真摯に情報を求め、提供する姿勢がその社会にあると,その社会集団の中で噂は振るいにかけられ、理にかなった説明だけが残り,社会を正しく理解することになります。

この意味で,私も中国情報をできるだけ客観的に説明していき,否定的な情報だけでない,別の中国説明を試みていきたいと思っています。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

4ヶ月TOEICの勉強をした結果wwww

2014年5月末にTOEIC受験を決意し,7月末の第192回公開テストで910点,9月末の第193回公開テストで985点をとることができました。この4ヶ月の受験体験記を紹介します。

IMG_5510.JPG
(2014年9月第193回公開テスト結果)

<なぜTOEICを受験するか?>

TOEICを受けることにしたのは,校務でスーパーグローバル大学創成事業の準備をしたのがきっかけです。他大学がグローバル化を見据えて学生にTOEICやTOEFLなどの点数アップを課すようになり,うちの大学でもおそらくSoon or later導入することになるかもしれない,そうするとある程度の点をとっておかないとしめしがつかないのでは,と思ったわけです。そこで英語学科の先生の話を参考にして目標点数を900点としました。
≪参考:過去のTOEIC戦績≫
1991年?  790(ぐらい)
1992年?月 820
2009年10月 785
2014年 7月 910

<何を勉強するか?>

TOEICが試験である以上,試験対策をすれば高得点が可能です。そこで試験勉強の王道,「過去問の繰り返し」がベストなのですが,TOEICには過去問がありません。そこで,TOEICテストを運営しているETSによる公式問題集,普段からTOEICを受けている講師によるもの,そしてできれば安いものw,を基準に選びました。私がやった問題集の一覧です。参考になるように各問題集に一言コメントをつけています。

《単語》
◎TEX 加藤(2012)『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ』朝日新聞出版社(名著!!)

《リスニング》
・柴山かつの(2010)『スコア900へのTOEICテスト パーフェクトリスニング』ピアソン桐原(図書館で見つけたのでw 傾向はビジネス系にやや偏り気味)
・森田鉄也(2012)『新TOEIC TEST パート1・2 特急難化対策ドリル』朝日新聞出版社(Part1と2の練習にはなったけどいいのかどうかわからない)

《文法》
◎花田徹也(2010)『新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編』朝日新聞出版社(1駅1題の文法の方が人気だが,新しいということでこちらを使った。TOEIC文法の考え方がよくわかる本)
・加藤優(2011)『新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6』朝日新聞出版社(難問ぞろい。ここまで必要か?とも思う)
・森沢洋介(2006)『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』ベレ出版 (中学英語を簡単に総ざらいするために一回だけ読んだ)
・James M. Vardaman(2012)『毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる』朝日新聞出版社(これも中学英語総ざらい用に読んだだけ)
・大西泰斗・ポール・マクベイ(2011)『一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)』ナガセ(ざっと全体を2回ほど目を通したあと,模試復習で解説が分からないときなどに検索用で利用)

《リーディング》
・中村澄子(2014)『TOEICテストパート7 出るのはこれ! 』講談社(図書館にあったので一通りやっただけ。)

《模試類》
◎Educational Testing Service(2009)『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉』 国際ビジネスコミュニケーション協会
◎Educational Testing Service(2012)『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉』 国際ビジネスコミュニケーション協会
(この2冊の公式問題集は全部吸収したい)
◎大里秀介(2013)『3週間で攻略 TOEIC(R)テスト 900点! (CD-ROM・別冊付) (TOEICテスト 残り日数逆算シリーズ)』アルク(模試の勉強の仕方がわかるすぐれもの)
◎花田 徹也(2011)『TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)』コスモピア(いい模試。)
○アン・ノチャン(2013)『新TOEICRテスト スーパーリアル模試1000問 【CD-ROM付き/MP3音源】』宝島社(コストパフォーマンスのいい模試。たくさん解きたい時にはぴったり。)

《その他》
Yuki's Morning TOEIC English Channel』(Yutubeと無料メルマガ。ゆきさんという人がいつも胸を強調した服装で役立つフレーズを毎日一つずつ紹介している。最初の勉強の動機付けになったwww)


<いつ勉強するか?>

大学教員だからヒマだろうということはまったくなく,普段から校務の雑務,授業の準備,そして研究論文や雑文の執筆のおわれています。幸い私は通勤時間が往復四時間あるので,これまで読書にあてていた通勤時間を基本TOEICの受験勉強にあてました

とはいえ,乗り換えが多いので,まとまった時間は武蔵野線の43分,東武東上線の34分です。リスニングの模試一回分(50問)は,45分ですので,片道の通勤で,乗り換え挟んで一回は解くことが可能です。リーディングは75分(50問)ですので,片道で半分から3/4は解くことが可能です。

試験日が近づくと模試を解くことが増えますが,基本は単語,リスニングの写真描写問題(Part1),応答問題(Part2),リーディングは文法・語彙問題(Part5)という苦手分野中心だったので,一回の通勤で上記参考書を繰り返していました。

ただ本番は二時間ぶっ通しの試験です。週末の時間があるときには家族に断って,まる二時間を確保し,試験と同じように全体を解くなどの工夫をしていました。


<どう勉強するか?>

やっぱり効率よく最短距離で目標に到達したいと思いました。基本は2ヶ月で目標達成をねらい,実際うまくいったわけですが,ちょっとTOEICにはまったこと(笑),やっぱり狙うなら950超えたいという欲が出たので,結局4ヶ月やりました。長期間試験勉強するにはモチベーション維持が大変なので,やはり短期決戦がもっとも効率がよいと思います。その意味で,勉強する期間と目標とする点数を決めることは重要です。

久しぶりの試験勉強は感覚が鈍っています。模試以外ではただ単純に同じ本を繰り返しやるというものでしたし,リスニングも通勤時間を使ってながら聞きをするというものでした。(今思うと「ながら」リスニングは効果がないように思う。)

でも途中で知った「3回チャレンジ法」というのを採用することによって,より勉強の効率があがったように思います。これは模試を使った勉強法で,TOEICクラスタではヒロ前田さんというTOEIC講師が主張する勉強法として有名なものです(こちら)。

3回チャレンジ法とは

1回目は時間を計って解く。(答え合わせしても解説は見ない。)
2回目は時間無制限で,納得する答えを導いてから解答する。
これにより,1回目は試験での実力,2回目は英語の実力がわかります。2回目の方がいい結果になるので,1回目との差を埋めるべく復習することによって本番の力を最大化させます。
間違えたところや勘で答えたところを復習し,しっかり解説読んで理解したあと,最後に
3回目を時間を計って解く。

というものです。3回目の試験で満点になるようになれば,その模試からすべてを学び尽くしたことになるわけです。でも実際は200問中98%程度の正答率でした。

とにかく決めた問題集を何回も繰り返すというのは基本だと思います。(でも他の本に目移りしたくなるんですけどねww)


<本番はどう望むか?>

TOEICは英語自体は専門的な語彙が出ることはないので平易な文章です。ただ120分で200問という大量の問題を短時間で処理する能力が試されます。その意味で,本番では戦略をたてて問題に取り組む必要があります。

リスニングでは,各パートの最初に問題の解き方についてのナレーションが入ります。そのナレーションの間にできるだけ先の選択肢を押える,TOEICクラスタでいう「先読み」が重要になります(Part2以外。Part2は問題解答は問題用紙に載っていない)。Part1は写真に一通り目を通し,Part3,4は質問と選択肢にできるだけ目を通しておきます。Part3,4ではとくに固有名詞(人名,地名),時間(曜日,日付けなど)に注意を払いました。

リーディングでは,多くの人はPart5,6を20分で解いてPart7に移行,というらしいのですが,私はPart7からやる戦略を採用しました。私はPart5,6(文法・語彙問題)が苦手で,Part7は最も得意とするところでした。

75分の試験時間のうち,Part7のダブルパッセージ(二つの文章を参照して答える問題)を先にやり,その後シングルパッセージ(一つの文章を参照して答える問題)をやって,Part7を50分で終わらせるという方法にしました。のこりの25分を使ってPart5,6に取り組みました。,私は文法問題に時間がかかりすぎて,得意のPart7に影響を与えるということから,このようなスタイルを採用しました。


<その他>

私がTOIEC受験で役だったのはTOEICの世界観を持つということでした。リスニングにせよ,リーディングにせよTOEICはビジネスの場面というのを意識しています。その中でもおもしろい特徴を持っています。

新入社員の研修(ワークショップが頻繁で講師はまず遅れるww)
電車や飛行機は遅れるwww
会社の売り上げは伸びっぱなしww(それを記念したパーティが開かれるw)

このような特徴を理解すると,会話を聞く,文章を読むというときに「どのような場面か」が想像つきやすく,世界観に合った選択肢を選ぶことが可能になります。(オススメはヒロ前田・清涼院流水(2013)『DL特典付 不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる』アルク)


<TOEICを勉強するにあたってのアドバイス>

TOEICは狙う点数によって勉強の仕方が変わります。上級者(900点以上を目指す人)は上記を参考にして,とにかく模試を何回も解くことが必要でしょう。TOEICクラスタでは模試10回分(2000問)が900点突破の一つの目安のようです。

それ以外の人にアドバイスするとすれば以下の方法をすすめます。

《初心者(500点を目指す人)》

*単語と文法を復習しておく
*Part1,Part2,Part5,Part6の得点を目指す
オススメ参考書
Educational Testing Service(2013)『TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー』国際ビジネスコミュニケーション協会

《中級者(700点以上を目指す人)》

*単語をさらに増やす
*Part1,Part2,Part5は基本として,自分の興味あるネタであればPart3,4,Part7の問題は解けるようにする。
オススメ参考書
TEX加藤の『出る単 金フレ』
Educational Testing Service(2011)『TOEICテスト公式プラクティス リスニング編』 国際ビジネスコミュニケーション協会
Educational Testing Service(2014)『TOEICテスト公式プラクティス リーディング編』 国際ビジネスコミュニケーション協会

参考書に悩んだら,濱崎潤之輔さんの『独学でTOEIC990点を目指す!』というブログでTOEIC教材チャート【Vol. 2】.pdfが公開されているので,これを参考に選ぶのもいいでしょう(常にアップデートされています)。


以上,4ヶ月のTOEIC受験体験記でした。みなさんのご検討をお祈りします!
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

授業のサポートページ(アジア概論,国際経済論)

私の授業の履修者のために以下の授業サポートページを提供しています。

レポート提出はここからお願いします。

アジア概論A(火曜日2限)
https://sites.google.com/site/ajiagairon/

国際経済論B(経済学,国際関係各論)
https://sites.google.com/site/kkskzrsprt/
posted by okmtnbhr at 17:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ私大は政府から補助金を得るのか?

日本は学費がOECD諸国の中で最も高い国です。また国公立と私立の学費の差も大きいです。日本では私立大学が学校数でも在学生数でも全大学の7割を超えています。私大が日本の高等教育に貢献しているのは確かです。

そこで私大への補助金を増やそうという考えがあります。

私立大学の補助金の根拠は、教育は公共財という見方です。教育成果は人々の知識供与を経て科学技術の進歩や社会の進歩など国民全体に行き渡るので、その費用は国民全体で負担すべきものというものです。

一律の補助金提供には批判もあります。教育水準の低い私立大学にも税金が提供されてしまい、教育改善の自助努力がなされないというものです。

このような批判に対してできることは、大学の世界に競争を持ち込むことでしょう。教育が私的財であればこの競争原理の導入は問題ありませんが、公共財の側面を持つので完全競争に任せることは難しいです。

例えば、技術情報産業だ、という流れでみんなが工学と経営学を学んだら、文学や歴史などは人気がなくなり淘汰されてしまいます。知識社会は多様な分野の学問が存在して、それらの相互作用によってあらたな知識を生みます。競争で淘汰された学問は次世代に必要ではないとはいえません。学問が公共財といわれる所以でもあります。

じゃあ競争原理をそのまま導入できない教育分野に、どのような自浄能作用を働かせるのでしょうか。

教育行政が取り組んだのは、(政権が期待する方向の)改革をする大学にコンペ方式で提案してもらい、いい教育改革をしている大学に補助金を与えるというものです(例はスーパーグローバル大学創成)。補助金というエサで改革のインセンティブをもたせようとします。コンペなので、より良い改革を提案する、あるいは改革が進んでいる大学が競争で生き残れます。現状の大学自治や学問の自由を保護しつつ競争原理を導入した折衷策といえるかもしれません。

これにも批判があります。教育行政、すなわち政権の価値観や指向性に縛られるというものです。今であれば全ての大学にグローバル化を求めているという単一性が批判の対象です。文学や歴史を英語で教える意味があるのか、という意見が出るし、これはもっともな意見でしょう。また私大は建学の理念に沿って人材を育てるのではないか、行政がが喜ぶ人材を育てるわけではないのではないかという意見もあります。学問教育の改善は単一ではなく、やはり多様性が確保されるべきだいえると思います。

学問は公共財的側面を持ちます。大学入学で学びにはお金を払った人のみが講義を受ける権利が得られるという意味で排除性がありますが、教えらた知識は誰にでも広がり、知識は減ることはないので非競合的でしょう。まさに公共財の側面を盛っています。

私大にどこまで補助金を出すのか、どのように出すのか、解決しにくい問題です。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

『地域学研究』に・・・

『地域学研究』に論文が掲載されました。

岡本信広・岡寺智大(2014)「中国の地域間仮想水交易と水資源配分の環境公平性評価」『地域学研究』第44巻第1号,pp.111-122

要旨
 本稿では,地域間交易によって水負担が公平になっているのかという観点から産業連関分析を行った。地域間の仮想水(Virtual Water)交易を計算した結果,偏在する水資源の負担を北部中国や東部中国において減少させていることがわかった。しかし内モンゴル,四川,広東では反対に水資源に負担をかけているので,空間的な農業分布を考慮するなどの必要性がある。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

柏の葉スマートシティ

日本地域学会全国大会(麗澤大学)のエクスカーションの一環として「柏の葉スマートシティ」の見学にいってきました。

柏の葉スマートシティは三井不動産,柏市(千葉県),東京大学が一緒になって公民学一体型都市開発が行なわれているところです。場所は千葉県柏市で,秋葉原からつくばエクスプレスで約30分,東京中心部から25km圏のところにあります。

見学したのは,ウリのスマートシステムです。電力を街一帯で制御し,CO2や電力使用の削減に貢献しています。普段の電力は東京電力から供給され,夜の電力を蓄電し必要なところに必要な量が供給されます。そして太陽光発電,ガス発電を行なっており,その電力を供給することができます。その結果防災にも強い街になっています。東京電力からの供給がストップしたとしても,3日間は60%程度の電気供給が可能になっています。

KOIL(柏の葉オープンイノベーション・ラボ)というのも街の特徴です。作業所(3Dプリンターやレーザープリンターなど)があって安い価格で試作品を作ることが可能ですし,創業支援のためのオープンスペースが備えられており,自由にパソコンを持ち込み,人とディスカッションし,何か新しいものを生み出す空間作りがなされています。

その他健康長寿の街作りとして,まちの健康研究所「あ・し・た」が設けられ,住民が無料で健康相談ができます。

現在人口は7000万人ほど。将来は2万人を目指したいといいますが,どうなるか,将来が楽しみな街です。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『東亜』COMPASSでの連載。第4回目

霞山会の月刊誌『東亜』1月号から,3ヶ月に1回のペースで時評を担当しています。 第4回は 「戸籍制度改革」 です。 リードより。

中国国務院は七月三〇日に《戸籍改革をさらに一歩すすめることに関する意見》を発表した。これまで都市・農村に分かれていた二元的戸籍制度を廃止し,統一された居住証制度に変換するというのが大きな政策の目玉だ。しかし居住証制度は新たな差別化された制度にしかすぎないこと,農民にとってメリットになるかどうかは疑問である。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

科研費申請の季節がやってきます。

さて,科研費申請の季節がやってきました。同業者の方々もそろそろソワソワしてくる頃かと思います。

先日,学内の科研費申請の説明会が開催され,私も「科研費申請のコツ〜基盤研究(C)の経験から」と題してお話をさせていただきました。

IMG_4591.JPG

幸い,これまで研究代表者として2回連続で申請,採択になっていることから,私が気をつけている書き方について紹介させていただきました。

科研費の第一段階審査(書面審査)では,以下の審査項目に対して,書く際に意識しているところ(☆印部分)を話しさせていただきました。

@研究課題の学術的重要性・妥当性
   ☆何を明らかにするのか。

A研究計画・方法の妥当性
   ☆どのように到達するのか

B研究課題の独創性及び革新性
   ☆自らの強みや応用可能性はどこか

C研究課題の波及効果及び普遍性
   ☆得られる結果と意義は何か

D研究遂行能力及び研究環境の適切性
   ☆どのような準備ができているのか

具体的に,私が申請書を作成しているときに,気をつけているのは以下の3点です。

(1)到達点を示す。
数年間の研究の結果,何がわかるのか,どのような状態になっているかを書くようにしています。例えば,「産業連関モデルを構築し,経済開発の波及効果を測定する」とすると,研究計画を考えるときに,どのようにモデルを作っていくか,波及効果測定のための前提にどのようなことを調べなければならないか,を意識することができます。到達点があると,計画が書きやすくなります。

(2)独創性を他の研究から位置づける
独創性のところで,「他に研究している例はない」とかは書かないようにしています。なぜかというと,@誰もやらないなら需要がない,A自己満足と思われる可能性がある,B他の分野への学術的貢献はないと誤解される恐れがある,からです。あくまで先行研究や過去の研究との対比において独創性を出すようにしています。

誰もやっていないから独創性があるのではなく,あくまで「巨人の肩の上に立つ」という謙虚さで,自分のオリジナリティを強調したいものです。

(3)成果の広がり,インパクトを考える
科研費が税金から支出されている以上,自らの研究が社会にフィードバックすることが必要です。私は中国経済が専門ですが,中国経済の研究成果が日本の何に役立つのかを考えています。地域開発のインパクトであれば,日本の地域再生に共通点はないのか,などを意識しています。

そして,ここが一番重要ですが,調書の一番最初の研究概要はわかりやすい文章で3行でまとめるよう気をつけています。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

日本におけるTOEICの位置づけ

TOEICを調べてみると日本ではずいぶんとメジャーな英語試験になっていることがわかりました。

(1)増加する人数

TOEICの受験者数って250万人超えています。英検が230万人ぐらいなので2012年からすでに英検を超えて日本最大の英語試験に成長しています。

正確には,一般のTOEICは236万人,TOEIC-SW,TOEIC-Bridge等を合わせて258万人(2013年度)になっています。リスニングとリーディングというInput手段としての英語能力を図るだけですが,受験料が安いこと,受験機会が多いこと,点数で実力が図れること,勉強がしやすいこと,内容がビジネスの現場で使われそうな英語に特化していること,など等の理由からメジャーな試験に成長しています。

とくに2011年から急速に受験者数が増加しました。2010年は楽天が社内公用語として英語を用いることを宣言した年です。多くの会社で英語が重要視されるようになり,また英語運用能力を図る手段としてTOEICを用いるようになったのがきっかけかもしれません。

TOEIC受験者数.jpg

(2)企業への影響

実際に,ETS(Educational Testing Service,TOEICテストの作成機関)が実施した日本の上場企業におけるTOEIC活用試験の結果をみてみると,その使いやすさから急速に普及しています。

上場企業の約75%が英語を使用する環境があり,企業としてもグローバル人材育成のため8割の企業が英語研修を実施しているようです。

海外出張者や海外赴任者の選抜には約3割の企業がTOEICを利用しているようで,その点数としては675から695が1つの基準になっています。国際部門での業務としては約7割の企業がTOEICの点数として700点以上のスコアを期待しているようです。

約6割の企業でTOEICの結果を利用しているようです。企業規模が大きいほどその傾向が強く,従業員数5000人以上になるとその比率は8割を越えます。

新卒採用でも約7割の企業がTOEICの点数を参考にしているようです。(でもこれは企業が就職活動する学生にTOEIC必須としている意味ではない。)


(3)大学教育への影響

大学教育でもTOEICは利用されてきています。やはり勉強の成果がスコアであらわれるので学校現場でも利用しやすいです。

本学でも,外国語学部英語学科,国際関係学部ではTOEICのスコアアップで単位が認定されています。

ETSの調査によれば,調査対象の751大学のうち,入学試験に利用している大学数は336校,単位認定に利用している大学数は360校になっています。約半数近い大学がTOEICを何かしら利用しています。

企業で利用されることが増えれば,大学としても無視することはできません。グローバル人材育成という文科省の方針も考え合わせると何かしらの英語教育充実が必要になってきます。この意味でTOEICは大学という教育現場でも利用されていくことになるでしょう。


(4)TOEICテストの問題点と今後

企業や大学がTOEICに「侵食」されてくると,TOEIC批判も多くなってきます。

リスニングとリーディングに偏っているので,実践的ではないとか,世界の受験者700万人のうち日本と韓国で500万人を超えるという非常に偏った試験,とかです。

批判はその通りですが,私は以下の理由から積極的にTOEICの存在を認めています。

1)インプットが大事
英語を使えるようにするには,アウトプットの前にインプットが必要です。話す書くのはもちろん必要ですが,聞く読むができてはじめて可能になるものです。TOEIC900点あるけど,しゃべれないというのはありうるとしても,900点取れるだけのインプットある人が海外赴任や海外出張の経験を増やせばすぐに話せるようになると思います。

2)成果が目に見える
英語にかぎらず語学の勉強は継続が大事です。TOEICはスコアという形で結果が目に見えますし,勉強すれば確実にスコアが伸びる試験なので,勉強を続ける動機付けになるでしょう(応用行動分析でいう強化子になっている)。

3)実務に役立つ英語
TOEICの出題範囲は,ビジネス英語です。シチュエーションも海外で仕事すれば体験する可能性の多いものなので,実用的だと思います。

4)受験料が最も安い
TOEFLや英検などに比べて受験料が安いです。私としてはここを最も強調したいです(笑)英語の勉強成果を確認するにはもっとも利用しやすい値段だといえるでしょう。それでも5000円強というのは学生にとって安くないので,英語勉強の継続のためには公開試験ではなく学校や企業など団体で行われるTOEIC-IPで十分だと思います。

TOEICの課題はスピーキングとライティングの能力を図るTOEIC-SWがどこまで普及するかでしょう。企業は英語4能力(リスニング,リーディング,スピーキング,ライティング)の中でスピーキングをもっとも重要視しているにもかかわらず,TOEIC-SWを評価の対象として利用している企業は非常に少ないようです。TOEIC-SWがマイナーだから企業が利用しないのか,企業が利用しないからTOEIC-SWがマイナーなのかわかりませんが,話す,書くという能力を計測するという意味では英検も捨てがたい試験かもしれません。


<参考>
ETS(2013)「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書
http://www.toeic.or.jp/library/toeic_data/toeic/pdf/data/katsuyo_2013.pdf
ETS(2013)「TOEICテスト 入学試験・単位認定における活用状況 -大学・短期大学・高等専門学校-」
http://www.toeic.or.jp/toeic/about/data/search.html
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

2ヶ月ガチで勉強してTOEIC(第192回7月27日)を受験した結果www

toeic910.jpg

・・・900点を突破できました。


(1)きっかけ

TOEICをガチで勉強してみようと思ったきっかけは,校務で他大学のグローバル人材育成支援事業の状況を調べている時でした。多くの大学が野心的な数値目標をかかげ,英語教育に力をいれていました。例えば,杏林大学は日中英の3カ国語を中心とし,英語の到達目標をTOEIC800に設定していますし,神田外語大学は留学組はTOEFL600,そうでない人でもTOEIC700を目標に掲げています。創価大学ではTOEIC730取った学生数をネットで配信しています。

2009年に受けたTOEICでは785点でした(ここ)。つまり学生が目指すレベルと私の英語レベルはそう変わらないわけで,これから大学のグローバル化やらなんやら言われるようになると,英語を勉強している学生から「先生,TOEIC何点ですか?」と聞かれたら,「・・・・785点」と答えるのは微妙だなと思ったわけです。

また学生にもTOEICの勉強の仕方が体験からアドバイスできれば,それもよかろうと思ったので,5月末にTOEIC900点を目指してみようと思いました。900点に設定したのは,英語学科の先生から895以上は英語ができるといえるぎりぎりの水準だろうということで,キリのいいところで900にしたわけです。

(2)得たもの

今回TOEICをガチで2ヶ月勉強してみて得たことは

時制,とくに現在形と現在進行形に敏感になった。(Part 1)
曖昧だった疑問文に対する応答の仕方がわかった。(Part 2)
勘違いしていた文法を復習できた。(Part 5,6)
うろ覚えだったよく見る単語(definitiveとかいろいろ)が身についたし,メールの書き方は参考になった。

です。もう一つは

TOEICにはまりそうになった(笑)

という点です。TOEICは自分の実力が点数になるので目に見えてわかりやすいこと,世界観が独特であること(しょっちゅうワークショップやってるとか,飛行機や電車は遅れるとか,企業は大体M&Aになっているなど),が魅力かもしれません。とくに世界観は,試験時に今日はどんな世界をみせてくれるんだろう,とわくわくすること間違いなしです。

受験後,感覚として900点前後かな〜と思っていたので,第193回のTOEIC(9月28日)も申し込んでしまいました。まぐれでないことを確認するために,もう一度受けておこうと思います。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

中国の失業率統計

前回,中国のフィリップス曲線を推計したときに,失業率統計の問題点を指摘しました。その後中国の失業率統計について『財新網』が面白い報道をしていたので紹介。

報道によると,中国では統計年鑑で公開される「登記失業率」の他に,公開されていないけれども国家改革発展改革委員会や財政部などが利用している「調査失業率」というのが存在しているようです。

「調査失業率」は国家統計局が2005年から実施しており,2009年には調査失業率のサンプルは31の省都から採られていたようで,その後2013年4月には65の大都市に拡大されたようです。7月下旬に国家発展改革委員会はそのHP上で今年上半期の「都市調査失業率」を発表しました。それによると6月末の全国31大都市の都市調査失業率は5.05%であり,4ヶ月連続で減少した,そうです。数時的には登記失業率よりも1%程度高くなっています。

ただこの公開された調査失業率はすぐにネットから消されたようです。財新の記者の取材によると,技術的には公開は問題ないけれども,現在の第12次五カ年計画が登記失業率にもとづいて策定・実施されていることから,新しい数字によって矛盾が発生する可能性があるとして公開を見送っているようです。

2015年以降,この数値が公開されるかどうか,注目しておきたいと思います。

「官方調査失業率連降四月至5.05%」『財新網』2014年7月25日(http://economy.caixin.com/2014-07-25/100708899.html,8月1日アクセス)
「国家統計局:公開調査失業率条件具備」『財新網』2014年7月31日(http://economy.caixin.com/2014-07-31/100711272.html,8月1日アクセス)
posted by okmtnbhr at 07:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

長江流域のウォーター・フットプリント

Economic Systems Researchに論文が掲載されました。(こちら

Tomohiro Okadera, Nobuhiro Okamoto, Masataka Watanabe & Jaruwan Chontanawat (2014) Regional Water Footprints of the Yangze River: An Interregional Input-Output Approach, Economic Systems Research, Published online: 10 Jul 2014

論文要旨
 近年,他地域間産業連関モデル(MRIO)を用いてウォーター・フットプリントを計測する研究が増加している。本稿では,輸入の取り扱いの違う長江流域他地域間モデルMRIOを利用してウォーター・フットプリントの推計値の違いを確認した。輸入を含んだ他地域間モデルでは11%ほどウォーター・フットプリントを過大推計してしまう。この過大推計値は水豊富地域の社会的公平性の議論にも影響する。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

『東亜』COMPASSへの連載第3回目


霞山会の月刊誌『東亜』1月号から,3ヶ月に1回のペースで時評を担当しています。

第3回は
「『国家新型都市化計画』を労働,土地,資本から読み解く」
です。

リードより。

 本年三月に中共中央および国務院から《国家新型都市化計画二〇一四年−二〇二〇年》が発表された。日本ではあまり注目されていないが,本稿はこの国家新型都市化計画を生産要素である労働,土地,資本という観点から読み取り,中国の新型都市化政策は農民工の都市定住数に大きく依存した形であることを示す。
posted by okmtnbhr at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする